吸引分娩とは?

吸引分娩になる母体と赤ちゃんの状態とは?頭の形は治る?

吸引分娩とは、経腟分娩中に産道の途中で赤ちゃんが降りてこない場合に、吸引圧によって胎児の体を引っ張りだす出産方法です。吸引分娩に切り替わる原因、赤ちゃんへの後遺症や障害の可能性と頭の形はどのぐらいで治るのかを解説。健康保険・医療保険など、費用の問題についても説明します。

吸引分娩になる母体と赤ちゃんの状態とは?頭の形は治る?

吸引分娩とは?

吸引分娩とは、経腟分娩の際にお椀型のカップを膣内に挿入し、赤ちゃんの頭に装着。母体がいきむタイミングで赤ちゃんを吸引し、体外に引っ張り出す分娩方法です。子宮口は全開にも関わらず、なかなか赤ちゃんが出てこない場合に、母子の安全を考えて実施されます。

出産当日、突然、吸引分娩になっても、落ち着いて対応できるように吸引分娩について学んでおきましょう。

吸引分娩はどんなときに行うの?

吸引分娩は、胎児を早急に体外に出す必要がある時に行います。

通常の経腟分娩では、子宮口(子宮の出口)が全開となった状態で産婦がいきむことで、赤ちゃんは産道を通り、体外に出てきます。しかし、時に子宮口が全開にも関わらず、赤ちゃんが上手に産道を降りてこない場合があります。

吸引分娩で参道から出される胎児

通常妊娠中は、臍帯(へその緒)を通じて酸素や栄養を赤ちゃんへ届けており、分娩中も、同じように絶えず酸素や栄養を赤ちゃんへ送っています。

そのため、赤ちゃんが狭い産道の途中で止まったままになってしまうと、赤ちゃんへ酸素が届きづらくなるなど、母子のリスクが高くなるのです。

母体や胎児に以下のような症状が見られる場合に、吸引分娩は行われます。

母体側の状態に起因する場合

お母さんの状態から、吸引分娩を行うべきと判断されるのは、以下のようなケースです。

  • 子宮口が全開となっているにも関わらず、分娩が停止した
  • 陣痛が弱くなっている
  • 母体が疲労し、うまくいきめない
  • 母体がもともと心疾患などを患っている

赤ちゃん側の状態に起因する場合

赤ちゃんの状態から、吸引分娩を行った方が良いと判断されるのは、以下のようなケースです。

  • 心拍数が下がっているなど、赤ちゃんの状態が良くない
  • 回転しながら降りてくるはずが、産道途中で身動きがとれない(回旋異常)
  • へその緒が赤ちゃんより先に出てきてしまった(臍帯脱出)

また、吸引分娩が必要となった場合は、一般的には会陰切開も行われるのが一般的です。

吸引分娩が行うことができないケース

分娩がスムーズにいかない原因が巨大児や児頭骨盤不均衡(赤ちゃんの頭に対して、母親の骨盤が小さい場合)と判断された場合は、吸引分娩は行わず、緊急帝王切開に切り替えます。

吸引分娩ができる条件

  • 妊娠35週以上経過している
  • 子宮口が全開している
  • すでに破水している
  • 赤ちゃんが下りてきている

吸引分娩でも赤ちゃんが出てこない場合の処置

児頭骨盤不均衡などの症状がなく、吸引分娩に切り替えても赤ちゃんが出てこない場合は、鉗子(かんし)分娩や緊急帝王切開へ切り替えての出産となります。鉗子分娩は行わない医師や産院もあり、吸引分娩→帝王切開となるケースも珍しくありません。

鉗子分娩のリスクとは?後遺症や発達障害への影響は本当?
鉗子分娩のリスクとは?後遺症や発達障害への影響は本当?

吸引分娩の補助として、子宮底に両掌を乗せ、短時間何度も押し出すようにマッサージを行う子宮底圧迫方(クリステレル胎児圧出法)が併用されることもあります。

吸引分娩で使う器具

マイティカップ
出典:medical.haradacorp.co.jp

吸引分娩で使用する器具は、お椀型のカップですが、カップの素材によって効果が異なります。

  • ハードカップ(金属製)
  • ソフトカップ(プラスチック製またはシリコン製)

赤ちゃんの事を考えると、金属製よりもプラスチック製やシリコン製のソフトカップの方が優しいイメージがありますが、それぞれのカップには長所があります。

金属製のハードカップは、吸引力に優れており、プラスチック製やシリコン製のソフトカップは、装着のしやすさや速さに優れています。どちらを使うかは、産院や出産の状況などにもよっても異なります。

吸引分娩にリスクはある?

赤ちゃんの頭を器具を使って吸引するとなると、「脳に悪い影響があるのでは?」「処置中に痛みがあるのでは?」と不安になってしまう方も多くいます。また、吸引分娩は、頭の形が悪くなるという話は一般的にも知られており、赤ちゃんの外見について気にする方は多くいます。

吸引分娩にはリスクがあるのか、痛みや傷の具合、頭の形は治るのか解説します。

母体(母親)への影響や感じる痛み

吸引分娩は痛い?

分娩台の上で目を閉じる妊婦

痛みの感じ方は人により異なりますが、吸引分娩は、事前の会陰切開、カップを膣内に挿入する際、吸引圧をかけて赤ちゃんをひっぱり出す際、分娩終了後に会陰などの傷を縫う際に痛みが出る可能性はあります。

ただし、吸引分娩を行う前に、局所麻酔を行う産院もあります。また、陣痛の痛みの方が遥かに強いので、痛みは気にならないという人も多いです。

後遺症はある?

産道の一部などが裂ける軟産道損傷が起こることがあり、それによって産後も痛みが出る場合があります。ただし、軟産道損傷は、吸引分娩に限らず、通常の分娩でも起こり得るものです。

産院によっては、軟産道損傷を防ぐために事前に会陰切開を行う産院もあります。出産前に、医師や看護師に確認してもよいでしょう。

会陰切開の痛みはどのくらい?切開の痛み具合~術後の経過
会陰切開の痛みはどのくらい?切開の痛み具合~術後の経過

赤ちゃんに後遺症や障害は残る?

吸引分娩を行うと、赤ちゃんが自閉症や発達障害になるのでは?と心配されるお母さんがいます。ですが、自閉症や発達障害は先天性の脳の異常であり、分娩方法との因果関係を示すデータはありません。

ただし、分娩時間が長くなることで、赤ちゃんが低酸素状態に陥り、頭蓋内出血が起こる場合はあります。これはあくまで吸引分娩に限った話ではなく、出産全般で起こり得る可能性があります。吸引分娩に関して、過度に心配する必要はありません。

吸引分娩後は黄疸が出るの?

吸引分娩で生まれた赤ちゃんは、頭の中に血が溜まる頭血種が出来る場合があります。
頭の中に溜まった血は、ほとんどの場合が自然に吸収されて消えますが、この血液が分解される際に、黄疸の原因となるビリルビンが発生し、黄疸が出やすくなることがあります。

しかし、通常の分娩方法で出産した赤ちゃんであっても、黄疸が出る場合はあります。出産後、赤ちゃんに黄疸が出てしまった場合は、光線治療を行いますので、医師の判断におまかせしましょう。

赤ちゃんの顔や白目が黄色い気がする…と心配になった場合は、医師や看護師に相談しましょう。

新生児黄疸の原因は?具体的な症状や光線治療の方法
新生児黄疸の原因は?具体的な症状や光線治療の方法

赤ちゃんの頭の形はどうなる?

新生児の頭

吸引分娩は、赤ちゃんの頭にカップを付け、吸引しますので、出産後、赤ちゃんの頭が長く見えることがあります。しかし、赤ちゃんの頭は柔らかいので、吸引によって伸びてしまった部分はその後は綺麗に戻りますので、心配いりません。

1ヶ月以内に気にならなくなる子が大半

出産後、赤ちゃん側に何も問題がない場合、頭の形に関しては、数日~1か月程度で全く気にならなくなる子が大半です。

出産直後は、頭の形を見て悲しくなってしまう方もいますが、赤ちゃんが頑張った証でもあります。異常がないかを先生に診断してもらい、しっかり経過を見てあげましょう。

ただし、吸引によって頭に血が溜まってしまう頭血腫ができた場合は、自然に治るまでの期間が長く、数ヶ月ほど頭の形が気になることもあります。しかし、いずれはキレイに治りますので、気にする必要はありません。

すごい早さで治ります

Sママ(21歳)


長時間の陣痛に耐えた後、分娩台にのぼり少しいきんだらすぐに赤ちゃんが産まれてくるものだと思っていました。しかし、赤ちゃんが産道で止まってしまって、なかなか下に降りてきませんでした。丸一日陣痛に耐えていたものですから、私の体力も限界が近づき、先生が「少し手伝おうか」と吸引してもらうことになりました。

赤ちゃんの頭は少しボコっと凹んでいました。一目見たら吸引だとわかるほどでした。でも、そのボコっとしたところは次の日にはほとんど気にならなくなっていて、入院中に友達がお見舞いに来てくれたときには、まったく気づいていませんでした。

赤ちゃんの頭はとても柔らかいので、最初は形が悪くても必ず良くなります。

頭にペコっと跡がついていました

mmm(40代前半)


私は出産のときに吸引分娩になったのですが、その理由は赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていたから(お医者さんはそう言っていました)。陣痛に苦しんだ末のことだったので、「もう何でもいいから早く出してー!」という気分でした。

産まれたときの赤ちゃんの形は、まさに「トイレのカッポン」を頭にはめたような丸い跡が残っていました(笑)。でも、頭が細長くなっているというわけではなく、安心しましたね。頭の形は1か月検診のころにはほとんど目立たなくなっていたと記憶しています。

私の子供はもう小学生になりますが、頭は今はすっかり綺麗な形をしています。吸引分娩かどうかなんてこの年頃になるとわからないので、悩んでいる方もあまり気にしなくていいですよ!

頭が縦に長くなっていました

まるちゃん(40代前半)


人工的に破膜をしてから2時間近くが経過し、「おなかの赤ちゃんが感染症にかかるかもしれない」という理由で吸引分娩となってしまいました。

生まれたばかりのころは「吸引分娩したから」と言って、頭の形を特別気にしたことはなかったのですが(初めての出産で新生児を見たこともあまりなかったので)、1か月後の健診の時に、他の赤ちゃんに比べてうちの子だけ頭が縦に長いことに気が付きました。

それからは、外出時には帽子をかぶせるなどして隠していたのですが、実家の母から「あなたも吸引分娩して頭が長かったけど知らない間に治ったから大丈夫よ」と言われ、そのまま放置しておきました。

母の言葉通り、1歳になるころには気にならなくなりました。

吸引分娩の気になる費用

吸引分娩で気になるのが処置にかかった費用の請求です。吸引分娩は、保険診療の対象となるのか、ご説明します。

吸引分娩は、健康保険の対象となるのが一般的

医者の説明を聞く妊婦

吸引分娩は、赤ちゃんが産道を上手く降りてこられない回旋異常などのトラブルが起こった時に行われます。産道途中で赤ちゃんがとまった状態というのは、母子の命に関わりますので、吸引分娩は医療上必要な処置と見なされ、健康保険の対象範囲となるのが一般的です。

同様に、鉗子分娩、帝王切開も健康保険の対象内です。そのため、実費負担は3割となります。

しかし、まれに医師が安全上の配慮から吸引分娩を行った場合は、保険診療外となってしまい、100%自己負担です。診療明細を見て、不明点がある場合は、医療機関に問い合わせましょう。

「異常分娩」として医療保険の対象となることも多い

吸引分娩や鉗子分娩は、「異常分娩」と分類され、基本的に保険の支払い対象です。
ただし、民間の医療保険は、加入している保険のプランによって、保険給付の対象となるか否かが異なりますので、確認してみましょう。

吸引分娩は、赤ちゃんやママを手助けする医療行為

吸引分娩は、出産時に生じるリスクを下げるためにの分娩方法です。赤ちゃんやお母さんを手助けするための方法ですので、あまり心配しすぎないようにしましょう。産後、頭の形を見てショックを受ける方もいますが、数週間~数ヶ月で治るので気に病むこともありません。

もし、どうしても不安がある場合は、産院の医師や看護師に相談してもよいでしょう。

おすすめコンテンツ