Loading

産後の骨盤矯正・やり方と効果

産後の骨盤矯正で妊娠出産前の体型に戻す!施術時期&場所

産後の骨盤矯正の効き目や骨盤矯正の効果を得やすい時期、整骨院やエステサロンなど施術を行う場所の選び方などをご紹介!産後の骨盤の状態はどのようになっているのでしょうか?出産後悪露が出なくなったらなるべく早く出産で開いてしまった骨盤を元に戻す施術を受けるのが体型を元に戻す秘訣です!

産後の骨盤矯正で妊娠出産前の体型に戻す!施術時期&場所

出産後ウエストが戻らない!体型を元に戻す産後の骨盤矯正

大きくなったお腹は、出産すれば赤ちゃんも羊水もお腹から出ていくので、ペタンコになると思っている人も少なくありませんが、実際には出産直後は妊娠6ヶ月程度のサイズまでしか戻りません…。
これは子宮がまだ収縮していないせいで、お腹は子宮収縮と共に徐々に小さくなっていきます。

じゃあ、子宮が収縮すればお腹は元通りになるかな?と思ったら、ポヨンとした下っ腹はいつまでも戻らない…そんな体験をしている人も少なくないでしょう。その下っ腹の原因は、骨盤の緩み・歪みにあるかも?!この記事では、産後の骨盤矯正について解説します。

産後にウエストが戻らない理由

骨盤矯正マッサージを受ける女性

出産時には、「リラキシン」というホルモンが分泌され、このホルモンのおかげで骨盤周りの靭帯が緩み、骨盤が開きます。そして骨盤が開くことにより、赤ちゃんは産道を通って生まれてくることができます。

開いた骨盤は勝手に閉じてはくれません。産後何もしなければ、骨盤は開いたままになっています。
骨盤が開いたままだと、開いたぶんサイズが大きく見えるばかりか代謝が悪くなり痩せにくくなってしまいます。

産後の骨盤矯正で得られるメリット

出産時に分泌されるホルモン、「リラキシン」により緩んだ骨盤周りの靭帯は、時間が経つと固くなっていきます。靭帯が固くなれば、骨盤は開いたままの状態で固定されてしまいます。つまり、産後に靭帯が柔らかいうちに骨盤矯正を行うと骨盤が締まりやすいのでおすすめです。

骨盤が閉まればウエスト~ヒップのサイズダウンが期待できます。また、骨盤がしまって正しい場所に内臓が戻ることによって、便秘の解消や代謝アップなどの効果もあります。産後、授乳や育児により体重は落ちたのにウエストやヒップのサイズだけ戻らない…という方は骨盤矯正を試してみる価値があるでしょう。

骨盤が緩んでいると起こる症状

骨盤が緩むと様々な症状が起こります。産後にこんな症状で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?心当たりがあれば、それは骨盤が広がっている証拠かもしれません。

  • 下っ腹ぽっこり
  • お尻が大きくなった
  • 便秘
  • 腰痛
  • 尿漏れ
  • 肩こり
  • 頭痛

帝王切開の人でも産後骨盤矯正は必要?

帝王切開の人であっても、骨盤を支える靭帯を緩めるホルモン「リラキシン」は、妊娠中から分泌されているので骨盤は開いています。
また、妊娠中に子宮が大きくなることによっても骨盤は少しずつ開いていきますので、帝王切開の人でも産後は骨盤が開いた状態になっているのです。
従って、帝王切開の人でも骨盤矯正は充分に効果があります。ただし、帝王切開の傷が痛む場合がありますので、充分に体調が回復してから行うようにしましょう。

施術を受けよう!産後の骨盤矯正を行っている場所

産後に骨盤が元に戻らず悩む女性

骨盤矯正の施術を受けるにはどこへ行ったらよいのでしょう。また、安心して施術を受けるために整骨院、整体院やエステ店を選ぶときの基準も知っておきたいですよね!

接骨院、整骨院、整体院、エステの違い

ならば骨盤矯正の施術を受けたいけれど、どこへ行くのがいいかわからないという方も多いでしょう。骨盤矯正は、以下のような場所で受けることができます。

  • 接骨院
  • 整骨院
  • 整体院
  • 出張(自宅で受けられる)
  • エステ

これらの違いや特徴について解説します。

接骨院・整骨院とは?

接骨院と整骨院は同じものです。何れも、「柔道整復師」という国家資格を持った人が施術を行います。「柔道整復師」とは、その名前から誤解されがちですが、柔道やスポーツなどで身体を痛めた人に限らず、介護が必要な高齢者の方のリハビリなどの分野でも活躍しています。

医師や看護師と同様、国家資格保持者による施術なので、患者さんとの相性はあるにせよ、どの接骨院・整骨院に行っても一定水準の効果を得ることができるでしょう。

整体院とは?

接骨院や整骨院と混同されがちですが、実は整体院は全く別のもので整体院の開業および施術に、接骨院整骨院に必要となる資格は不要とされています。いうなればどんな人でも開業および施術することができるのです。

従い、もし整体院に通うのであれば、効果を見込める施術が受けられるかどうか、どんな資格保持者が施術しているか、料金体系は明確であるかなど、ホームページや口コミをしっかりと調べてから通う必要があります。

出張サービス

小さな赤ちゃんのいるママにはうれしい、出張骨盤矯正というサービスもあります。

赤ちゃん連れで骨盤矯正に通うのは、託児サービスがあるところを探したり、なければじいじやばあばに預けて通ったりしなければならないなど、なかなかハードルが高いですよね。
骨盤矯正は1回では終わらないので、続けやすさはサービスを選ぶ際の一つのポイントです。

出張サービスについても、必要な資格などの定めはありませんので、ホームページなどをよく見て信頼できそうなスタッフが施術してくれるところを選びましょう。
できれば国家資格保持者が施術してくれるところがおすすめです。

こちらのサービスは、施術スタッフが全員、鍼灸師または柔道整復師(何れも国家資格)の保持者で女性なので安心です。
エリアは限定されていますが、エリア内にお住いの方であれば一度検討してみてはいかがでしょうか。

東京23区、川崎市、横浜市の産後骨盤矯正/黄金比率ダイエット研究所株式会社

エステでの施術の特徴

エステも整体院同様、必要な資格はありません。

整体院との違いは、骨盤矯正以外にフェイシャルやボディのトリートメントメニューが充実していること、アロマや音楽、照明をオシャレにコーディネートし、リラックス空間のプロデュースに注力していることです。

こうした付帯サービスが充実している分、金額も高くなる傾向にあります。単なる骨盤矯正だけでなく、育児の気分転換をしたい、という人にはおすすめです。

「産後」と通常時の骨盤矯正は違います!

産後の骨盤矯正と普通の骨盤矯正は違うものです。
普通の骨盤矯正は生活習慣やその人の癖などで「歪んでしまった」骨盤を正しい位置に治す施術ですが、産後骨盤矯正は出産により「開いた」骨盤を締める施術です。良い効果を得られるため、必ず「産後」骨盤矯正と銘打った施術を受けましょう。

こんな資格保持者がいるとより安心

接骨院・整骨院においては柔道整復師という国家資格保持者しか施術できないことになっていますが、それ以外においては資格の定めがありませんが、産後のデリケートな身体を調整してもらう上では、できれば国家資格かそれに準ずる資格保持者に施術してもらうことがより安心と言えるかも知れませんね。

骨盤矯正を受ける際は、必ずホームページでどんな人が施術してくれるのか確認しましょう。そのうえで、以下の資格保持者が行っていればより安心と言えます。

整体やマッサージの国家資格

・柔道整復師:国家資格。身体の損傷に対し、手術を行わずに改善する。
・鍼灸師:国家資格。東洋医学の専門家。
・理学療法士:国家資格。身体の仕組みや動きについて熟知している。
・あん摩マッサージ指圧師:国家資格。マッサージや指圧で身体の不調を整える。

金額の目安をチェック|保険適用はできる?

骨盤矯正の金額について考える女性

国家資格保持者である「柔道整復師」が運営している接骨院・整骨院では条件はあるものの保険がききますし、医療費控除も使うことができます。あんまマッサージ指圧師のいるリフレクソロジーや指圧を行う店舗でもやはり条件により保険適用は可能。
柔道整復師による施術とあんまマッサージ指圧師による施術ではそれぞれ保険適用となる条件が違うので、事前に確認をしましょう。整体院やカイロプラクティックなどというところでは保険診療はしていません。

施術料はこのくらい

保険適用される場合は、1回あたり数百円から受けることができます。
保険適用でない場合の金額はさまざまですが、1回5,000円~10,000円程度というところが多いようです。

保険が適用される施術とは

「骨盤矯正をしたい」というだけでは保険がきかないことがほとんどです。保険適用を考えているのなら、どこがどんなふうに痛いか、いつから痛いか、痛みのキッカケは何かなどはなるべく明確にしておきたいところ。

腰痛・股関節痛などの症状がある人は一度接骨院・整骨院に相談してみるのがよいでしょう。腰痛の原因として骨盤の開きや歪みが指摘されれば、その治療として骨盤矯正を保険診療で行ってもらえる可能性があります。

また、骨盤周り以外の症状でも、同時に治療してもらうことができます。例えば、抱っこのしすぎによる腱鞘炎の治療なども、症状がある人は一緒に治療してもらうことがおすすめです。

1回ではダメ?!骨盤矯正の通い方

骨盤矯正は1回では効果が出ず、続けて通わないとすぐに元に戻ってしまいます。ある程度の長期戦を覚悟しましょう。

通い始める時期

産後骨盤矯正は産後6ヶ月以内が最も効果があるといわれており、靭帯が柔らかい早い段階で始めることが望ましいです。
しかし、産後直後の悪露が出ている時はまだ子宮収縮の途中です。子宮収縮が終わっていない段階では骨盤は閉まらないばかりか身体が回復に向かっている大切な時期なので、産後直後にあたる1~2ヶ月は決して無理せず、体を休めることを優先しましょう。

1ヶ月健診で医師のOKが出て、悪露が止まれば始めることができます。帝王切開の人は、傷の痛みが完全になくなってからにしましょう。自然分娩の人は産後1ヶ月頃、帝王切開の人は産後2ヶ月頃が開始の目安です。

頻度と通う期間

施術内容にもよりますが、1週間~2週間に1回、7~8回程度は通う必要があります。1回で効果が出なかったからといってあきらめないようにしましょう。
早い人なら2ヶ月、長いと半年程度通っているうちに矯正の効果が得られるはず。その期間が終わってからも月に1回程度メンテナンスに通うことを勧められることもあります。

効果はいかほど?産後骨盤矯正体験談

骨盤矯正を体験して笑顔になる女性

骨盤矯正の大切さはわかったけれど、実際に改善効果は出るの?と疑問がある方も多いでしょう。
骨盤矯正サロンなどのホームページに掲載されている体験談は、宣伝のため良いことが書いてあるのが当たり前です。

そこで、実際に骨盤矯正の施術を受けた人の体験談を集めてみました。産後の骨盤矯正は、しっかりと効果が出ている人が多いようです。

整体で骨盤矯正を行いました

単身赴任、頑張れ~


2週間に1回、合計で8回骨盤矯正に通い、ウエストが8cm減りました。生活習慣にも気を付け、骨盤矯正に加え食事制限とダイエットを並行させて1年間で体重10kg減に成功しました。

産後1ヶ月から

もきゅ( ´ ▽ ` )ノ


産後1ヶ月から週2回ペースで通い、1ヶ月後には身体の痛みがなくなりました。出っ張っていた骨盤がへこんで、腰回りがすっきり細くなったように感じます。

やりました。

ひなゆまむ


5回通って、産前のジーンズがすっぽり入りました。

骨盤矯正中のおうちケア

自宅で産後ケアをする女性

骨盤矯正に通っていれば安心、ではなく、骨盤を締めるには日ごろの努力も大切です。
間違った生活習慣を続けていれば、せっかく骨盤矯正で締めてもらった骨盤もすぐにまた開いてしまいます。

骨盤底筋体操をしよう

おうちでできる最も簡単な骨盤矯正が骨盤底筋体操です。尿漏れや子宮脱を防ぐことができる骨盤底筋体操は、一生続けることが推奨されています。1日1分でも構わないので、毎日続けるようにしたいですね。

1分でできる骨盤底筋体操を紹介しましたが、この通りに行うのが難しいという方は、座っている時や家事をしている時に、お尻の穴をきゅっとしめるだけでも効果があります。意識して、こまめにやってみてください。

骨盤ベルトを巻こう

毎日のケアとして手軽なのが骨盤ベルトです。骨盤ベルトは、正しく巻くことによって開いた骨盤を締めてくれる効果があります。赤ちゃんのおむつ替えや授乳などのお世話は腰痛を引き起こしがちですが、骨盤ベルトはそうした症状も和らげてくれる効果があります。

自分に合った骨盤ベルトであれば、きゅっと締めた時に心地いい感じがします。外出時も着けていたいか、自宅だけの使用でいいかなど、ご自身の生活スタイルに合った骨盤ベルトを選びましょう。

産後の骨盤ベルトを使った矯正で効果が得られる正しい使い方
産後の骨盤ベルトを使った矯正で効果が得られる正しい使い方
産後に骨盤ベルトを使う効果や使い方、どの骨盤ベルトがおすすめか気になっているママ向けに、骨盤ベルトの選び方、実際に使用した人の体験談などをまとめました。効果の出る正しい使い方についても解説しています。

こちらのベルトは、妊娠中から産後まで長く使うことができる商品です。締め付け感はありませんが、着用してみると腰回りがすっきりした感じがします。お医者さんからもよく推奨されるものです。

骨盤を歪ませてしまう姿勢を避ける

骨盤をゆがませてしまう癖や生活習慣はたくさんあります。
せっかく骨盤矯正で締めてもらった骨盤を、再び開かせたり歪ませたりしないように、日常生活では以下のことに気を付けましょう。

締めた骨盤を再び開かせたり歪ませたりしないために

・お姉さんすわりをしない(正座から片足をくずす座り方)
・アヒルすわりをしない(正座から両足をくずす。ペタンコ座りとも呼ばれる)
・脚を組まない
・フローリングの床にじかに座らない(座布団などを敷いて座る)

毎日の授乳も、身体には負担がかかっています。授乳の姿勢も正しくすることで、骨盤の歪みを予防しましょう。正しい授乳の姿勢についてはこちらの動画も参考にしてください。

出典:www.youtube.com

産後骨盤矯正で育児の負担も減らしましょう

骨盤の開きやゆがみは、様々な体調不良を招きます。体調がすぐれないままだと、育児にも身が入らない場合がありますよね。

産後骨盤矯正は、良い施術者に巡り合えれば、嘘のように症状が消えていくほど効果が出ることもあります。少しお値段が張るので躊躇する方も多いかもしれませんが、産後期間を開けてしまうと矯正が難しくなってしまうので、早めに対処し、身体も心もスッキリした状態で育児ができるといいですね。