Loading

産後骨盤ベルトの使い方と効果

産後の骨盤ベルトを使った矯正で効果が得られる正しい使い方

産後に骨盤ベルトを使った骨盤矯正の正しい使い方、骨盤ベルトの選び方、いつからいつまで使えるのかなど産後の妊婦さんが気になる骨盤矯正のためのベルトについて解説します:産後の妊婦さんに人気のトコちゃんベルトには種類があります。どの種類を選べば良いのかも紹介するので参考にして下さいね。

産後の骨盤ベルトを使った矯正で効果が得られる正しい使い方

産後の骨盤の開きを矯正するには骨盤ベルトが効果的!

「産後、なんだかお尻が大きくなった気がする…」「腰痛がつらい!」そんな症状は、骨盤の開きが原因の可能性があります。

妊婦さん向け雑誌や通販サイトには、骨盤ベルトが数多く掲載されており、その効果や選び方など気になる方も多いのではないでしょうか。そんなママのために骨盤ベルトについてまとめました。

産後に骨盤ベルトを使用したほうが良い理由

産後の骨盤の締りについて悩むママ

産後は骨盤が開くというけれど、開いた骨盤はそのうち締まるのでは?と思う方もいるかもしれません。
でも、残念ながら開いた骨盤はそのままでは締まりません。

出産の際には、頭囲が30センチ以上もある赤ちゃんが産道から通れるようにするため骨盤が開きます。骨盤が開くために、骨盤を支える靭帯も緩みます。
この靭帯は、産後徐々に固くなってゆき、骨盤が開いている場合、開いたままの形で骨盤を固定してしまうのです。

そう聞くととっても怖いですが、逆に下半身太りが気になる方にとっては、産後は逆に引き締めのチャンスです。
骨盤の靭帯が緩んでいる時こそ、骨盤を締めやすいのです。

骨盤を締めるには、骨盤矯正や体操などの方法もあります。
でも、

  • 「骨盤矯正が近くに無くて通うのが大変」
  • 「赤ちゃんを預けられないので通えない」

という方には専用の骨盤ベルトを使用することでも骨盤を締めることができます。

これまで、生活習慣や癖などで骨盤が開いたり歪んだりしている可能性がある人は、これを機に骨盤をしっかりと正しい位置に整えましょう。

産後に骨盤を締めることのメリット

骨盤ベルトを使って骨盤を締めると、内臓が正しい位置に戻り、筋肉がついて代謝がよくなるので、以下のような効果が期待できます。

  • たるんだお腹が引っ込む
  • 腰痛や恥骨痛が軽くなる
  • 広がったお尻が締まる
  • 便秘が治る
  • 尿漏れが治る

あなたの骨盤は歪んでる?骨盤の歪みチェック!

パソコンで骨盤ベルトを注文するママ

つらい症状がなくても、実は骨盤が開いていたり歪んでいたりすることも多くあります。
以下にひとつでも当てはまるものがあれば、骨盤が開いている・歪んでいる可能性があります。
骨盤の開き・ゆがみを治しやすいこの時期に、しっかりと治してしまいましょう。

骨盤の開き・ゆがみチェック!

・目をつぶって足踏みを50回すると、初めの位置から1メートル以上ずれている
・脚を組むとき、右が上・左が上のどちらかのほうが明らかに組みやすい
・脚を組んでいるほうが楽
・仰向けに寝た時、自然に足が開く角度が80~90度よりも広く開いているか、或いは閉じてしまう
・目をつぶって片足で10秒以上立っていられない

産後骨盤ベルト体験談

骨盤ベルトは、着けてみるとわかりますが全く痛いものでもないし、これで効果があるの?と不安になることもあるでしょう。
そこで、実際に産後に骨盤ベルトを使用した人の声を集めました。

皆さん、上手に骨盤ベルトを活用し、産後の腰痛や恥骨痛、太くなったウエストなどの悩みを解消できているようです。

ペンネーム コッテリちゃん

タイトル 私も


トコちゃんベルトを使って効果がありました。産後の恥骨痛、腰痛が楽になりました。

ペンネーム T&A

タイトル ワコール


ワコールの産前産後使える骨盤ベルトと、骨盤ベルトが着いているガードルをダブルで使いました。
使用開始2ヶ月ではけなかったズボンがはけるようになりました。

ペンネーム mar1k01

タイトル トコちゃんベルト1を持っています


産後3ヶ月はかかさずにトコちゃんベルトを使用したところ、1人目で体重20キロ増、2人目で15キロ増でしたが半年以内に元の体重より減り、パンツのサイズもMからSになりました。

産後骨盤ベルトの種類と選び方

骨盤ベルトの使い方や選び方を説明する女性

産後に骨盤ベルトを使用するのが良いのはわかったけれど、あまりに種類が多くて何を選んだらよいかわからない、という方も多いでしょう。

そこで、骨盤ベルトの種類と選び方についてまとめました。

タイプ別の骨盤ベルトの選び方

骨盤ベルトのタイプは主に、自分で骨盤周りに巻いてしっかりと骨盤を締めるベルトタイプと、履くだけの手軽なガードルタイプがあります。

ベルトタイプとガードルタイプ、こんな人におすすめ!

ベルトタイプとガードルタイプのどちらにするか迷っている方は以下の選び方も参考にしてみてください。

こんな人はベルトタイプがおすすめ

・自分で骨盤周りの骨の位置を確認しながら、好きな強さに調整して締めたい
・妊娠中に大幅に体重が増えてしまい、一時的に下着のサイズが変わってしまった
・産後3ヶ月以内で、まだお腹のたるみがたくさんある
・ガードルを履くのが暑くて嫌
・まだ悪露が出ている
・会陰切開の傷が痛む

こんな人はガードルタイプがおすすめ

・正しく骨盤ベルトを巻けるか自信がない
・骨盤ベルトを毎日巻くのが面倒くさい
・ピッタリとしたパンツを履くので腰回りがダブつくのが嫌
・悪露が落ち着いている
・ある程度お腹のたるみがなくなってきた

産後の時期によりお勧めの骨盤ベルトは違う

骨盤ベルトには、締め方の強さなどによっておすすめの時期が設定されています。

  • 産後すぐから:幅広のニッパータイプや、ソフトなサポータータイプがあります。いずれも締め付けは強くありません。寝たままでも使用できます。
  • 産後2週間頃から:ベルトタイプも使えるようになります。
  • 産後1ヶ月頃から:ベルトタイプに加え、ガードルタイプも使えるようになります。

産後の骨盤ベルトの使い方

産後の腰痛に悩まされ腰に手を当てるママ

「間違った使い方で、正しく骨盤が固定されなかったらどうしよう」
「安い買い物ではないから正しい使い方をして効果を実感したい」

産後骨盤ベルトに関してはこんな不安や期待があるのではないでしょうか。
そんな不安を解消し、しっかりと効果を出していくためにも、骨盤ベルトを使用する前に骨盤に関する知識をつけておきましょう。

まずは骨盤の構造を知ろう!

骨盤は、何となく腰のあたりの骨…というのはわかりますが、実際どのような構造になっているかまで知っている人は少ないでしょう。

私たちの背骨は、首からお尻まで、いくつもの骨が連なって柱のような形になっています。
ちょうど、お尻のあたりで背骨が終わります。そこにある骨が「仙骨」です。
「仙骨」の両脇には、蝶のような形をした「腸骨」があり、「恥骨」と「座骨」が続きます。「仙骨」の先端には「尾骨」があります。これらをまとめて「骨盤」と言っています。

骨盤は、本来ハートの形をしていますが、骨盤が広がった状態だと四角い形になります。
だから、骨盤が広がるとお尻が横に広がって見えるのです。

そして骨盤を締める際にポイントとなるのが股関節と大腿骨の間にある「大転子」です。
多くの骨盤ベルトは、この「大転子」の上に骨盤ベルトを装着するようになっています。

産後矯正成功のカギを握る「大転子」の見つけ方

股関節の横に手を当てて、足踏みしてみてください。
手のひらに丸い骨が当たります。これが大転子です。

大転子の位置は骨盤ベルトを装着する際にとっても重要になりますので、必ず正しく把握するようにしましょう。
大転子を見つける方法をわかりやすく解説した動画がこちらです。

出典:www.youtube.com

骨盤矯正ベルトは最低2ヶ月間着用する

緩んでしまった骨盤の靭帯が再び固くなるのには最低2ヶ月程度かかります。
それぞれの時期に合ったサポーター、ベルト、ガードルを選び、産後すぐから少なくとも産後2ヶ月頃まで着用しましょう。

腰が痛い、お腹のぽっこりが治らない、などという場合は産後2ヶ月を過ぎても着用を続けましょう。また、症状がなくても着けていて快適なのであれば産後2ヶ月を過ぎても着用していて構いません。

骨盤ベルトは産後骨盤を締めることだけが目的ではなく、骨盤を正しい位置にキープすることで腰痛を和らげてくれる効果もあります。
赤ちゃんのお世話は、かがんだ姿勢でおむつ替えを頻繁にしたり、慣れない抱っこを続けたりなどして腰を痛めがちです。腰がつらい時は骨盤ベルトを活用しましょう。

寝ている時に使えるベルトもある!詳細はそれぞれの注意書き確認

睡眠中も骨盤ベルトを付ける女性

骨盤ベルトによっては、「就寝中も使えます」「就寝中は使用しないでください」「就寝中は使用してもしなくてもかまいません」など、それぞれ異なる指示が注意書きに表示されています。きちんと確認しましょう。

就寝中に使えないのは、長時間の使用は血流を悪くするおそれがある、就寝中に骨盤ベルトがずれてしまうと効果が得られないばかりか骨盤が開いてしまう可能性がある、といった理由です。

注意書きの通りに使用しないと、このように身体によくない影響を及ぼします。
就寝中に使用しないよう書かれている骨盤ベルトは、日中の使用にとどめましょう。

正しく着用することで効果がでる

骨盤ベルトは正しく着用することがとっても大切です。
間違った使い方をすると効果が出ないばかりか、逆に骨盤が広がってしまう危険もあります。

ポイントは、恥骨を閉じるような感覚でベルトを締めることです。
その時に、大転子の位置をしっかりと確認して、大転子にかかるようにベルトを装着しましょう。
締める強さの目安は、手のひらがすっと入る程度です。骨盤を締めたいあまり、きつく締めすぎてしまうと血流が悪くなってしまいます。

一番いいのは、産後1ヶ月健診などの際に病院で助産師さんに指導してもらうことです。
産後1ヶ月健診がこれから、という方は忘れずにご自分の骨盤ベルトを病院に持参しましょう。

その機会を逸してしまった方は、わかりやすい動画もあるのでこちらも参考にしてください。

出典:www.youtube.com

産後に骨盤ベルトを使う際の注意点

骨盤ベルトは効果のあるものだからこそ、正しく使わないと身体に悪影響を及ぼしかねません。
特に次のことに注意しましょう。

正しい位置を確認する

骨盤ベルトには、骨盤を締めるほどの力があるので、間違った位置で締めると骨盤が開いてしまうこともあります。

ウエストのくびれが終わったあたりに、少し出っ張った骨がありますが、この部分を圧迫してしまうと、そこにかけられた圧を逃すために骨盤が開いてしまいます。特にその点には注意しましょう。

サイズは自分に合ったものを選ぶ

早く効果を出したい、妊娠前よりも痩せた身体になりたい、などと考えて小さめのサイズを無理して着用してはいけません。
血流が悪くなり、産後の身体の回復を遅らせることになってしまいます。

逆に、サイズに余裕がありすぎても効果が低くなってしまいます。
手間を惜しまず、正しいサイズを計測してから購入しましょう。

出産直後のサイズを計測して選ぶのが一番良いですが、産後の忙しさなどでそれができないと思う方は、妊娠中にどれだけ体重が増加したか、を目安にサイズを選ぶこともできます。

  • 妊娠中の体重増加が8キロ未満→妊娠前と同じサイズ(Mサイズの洋服を着ていた方はMサイズの骨盤ベルトを選ぶ)
  • 妊娠中の体重増加が8キロ以上→妊娠前より一つ上のサイズ(Mサイズの洋服を着ていた方はLサイズの骨盤ベルトを選ぶ)

長時間使用するなら通気性の良いものを

起きている間はずっと使いたい、という方は通気性の良いものを選びましょう。
蒸れてかぶれてしまうと、骨盤ベルトを使うのが苦痛になってしまいます。
お肌がかぶれやすい方は、メッシュタイプを選ぶか、骨盤ベルトの下に綿素材の腹巻を着用するとかぶれにくくなります。

暑い季節に使用するという場合は、幅が狭いものを選ぶとよいでしょう。

よくある産後骨盤ベルトのお悩み

腰の痛みがいつまでも続く産後のママ

骨盤ベルトは、慣れてしまえば快適ですが慣れるまでは不具合を感じることも。
そこでよくあるお悩みの解決方法についてまとめました。

帝王切開の傷が痛くて締められない!

帝王切開の傷が痛むうちは、無理をして骨盤ベルトを装着する必要はありません。骨盤ベルトの中には、帝王切開の方には産後1ヶ月程度経ってからの使用を推奨しているものもあります。

どうしても使いたい、腰も痛いなどという場合は接骨院の先生に相談してみましょう。傷口にもやさしい「さらし」や、ガーゼの腹巻を巻いてくれることもあります。


メッシュ腹帯の画像
出典:tocochan.jp

メッシュ腹帯

また、市販のものでは帝王切開の方向けにメッシュ素材の腹帯もあります。適度にサポート力があるので、これを着けるだけでも腰が楽になります。

座ると食い込むので家にいるとき使えない!

座ったときに食い込む感じがするのは、着け方が間違っている可能性があります。
改めて正しい着用方法をホームページや動画などで確認したら、座ったときにずれて食い込まなくなったという人が多いです。


ズレ防止パーツの画像
出典:tocochan.jp

ズレ防止パーツ

それでもどうしても座るとずれて食い込んでしまう、という方には、「ズレ防止グッズ」もあるので使ってみてはいかがでしょうか。
トコちゃんベルトなら、専用のズレ防止グッズが販売されています。

トイレの度に巻きなおすのが面倒!

トイレの度に巻きなおすのが面倒という方は、下着を履く前に骨盤ベルトを締めましょう。
特に、トコちゃんベルトでは正しい着け方として下着を履く前にベルトを装着するように説明がなされています。

下着を履く前に骨盤ベルトを締めて、その上から下着を履けば、トイレの際に骨盤ベルトを着けたまま用を足すことができます。

その順番で装着するのが落ち着かない、という方はベルトではなく骨盤ガードルを選ぶのも一つの手段です。外出時のみガードルにする、という方法もあります。

おすすめの産後骨盤ベルト

数ある骨盤ベルトの中で、効果の高いおすすめの骨盤ベルトがこちらです。


トコちゃんベルトⅡの画像
出典:tocochan.jp

トコちゃんベルトⅡ

インターネットの口コミや体験談でも、圧倒的にトコちゃんベルトに関するものが多いです。 トコちゃんベルトがおすすめの理由は以下の通りです。

トコちゃんベルトがおすすめの理由

・骨盤を安定させる効果が医学的に証明されている
・効果が立証されているからこそ、全国各地の産婦人科や助産院での取り扱いがある
・切迫早産の予防にも効果が実証されており、妊娠中から産後まで長く使える
・正しく、快適に使うためのサポートグッズも充実している

トコちゃんベルトにはⅠ、Ⅱ、Ⅲと三種類あります。
公式ホームページに、選び方の解説もありますが、中にはそれで判断できない方もいるかもしれません。初めに、「恥骨結合の緩みがあるか、ないか?」という質問がありますが、この判断が難しい方もいるのではないでしょうか。

助産師さんに身体の状態を診てもらい、どれがよいか相談するのが一番ですが、それが難しく、判断に困った場合は「Ⅱ」を選べば大丈夫です。
理由は以下の通りです。

トコちゃんベルト3種類の中で「Ⅱ」がおすすめの理由

・ⅠはⅡより着用方法が難しく、トコちゃんベルトアドバイザーから指導を受けることが必要
・Ⅲは妊娠中には使えないので、もし次に妊娠を希望している場合はⅡのほうが長く使える
・Ⅲは恥骨痛には効果がない

産後骨盤ベルトをやめてからのケア

腰痛に悩まされ骨盤ベルトの購入を迷うママ

産後2ヶ月以上経ち、お腹のたるみや腰痛などの症状がなくなれば骨盤ベルトを卒業しても大丈夫です。
でも一度出産を経験した人はこの先ずっと、骨盤が歪みやすい状態になっていますから、骨盤ケアとは一生のお付き合いになります。

一生続けよう!骨盤底筋体操

骨盤ベルトを卒業してからは、「骨盤底筋体操」をしましょう。
骨盤底筋とは、骨盤を支えている筋肉のことで、尿道、膣、肛門の動きをコントロールしています。
また、たくさんの内臓を支えているので、骨盤底筋が弱ると内臓が正しい位置に収まらず、さまざまな身体の不調が現れます。

出産の際には骨盤底筋が損傷するので、出産経験が一度でもある女性は骨盤底筋体操を続けることが望ましいでしょう。
私は産後1ヶ月健診の際に、産婦人科医から「骨盤底筋体操は、一生続けてくださいね」とアドバイスを受けました。

加齢に伴って尿漏れなどの症状が起こらないようにするためにも、これを機に骨盤底筋体操を習慣化することがおすすめです。

骨盤を締めて正しい位置にキープするのは、難しいことではありません。毎日簡単な体操をすることでキープできます。

産後の身体の回復のため頑張って毎日続けましょう!

産後はどうしても、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話に精いっぱいで、自分の身体のメンテナンスにまで気が回らないことが多いでしょう。

骨盤ベルトも、毎日巻くのはちょっと面倒で、省略しがちなケアの一つかもしれません。
でも毎日ほんの少しの時間、骨盤ベルトの装着に充てるだけで産後の身体の回復に大きな差が出ます。

授乳に抱っこ、オムツ替えと、赤ちゃんのお世話は目まぐるしく、体力勝負です。
骨盤ベルトでママの身体の調子を整え、大変な育児を乗り切ってくださいね。