Loading

4Dエコーの料金を知りたい

4Dエコー写真の料金&メリット!撮影はいつがベスト?

4Dエコーの料金っていくら?いつがベストな撮影時期?近年、お腹にいる赤ちゃんの映像を立体的な動画=4Dエコーで見られるようになりました。しかし、料金は産院によって様々。相場やオプション内容、4Dエコーのメリットや撮影したママの声を見比べて、4Dエコーに挑戦するか検討してみては?

4Dエコー写真の料金&メリット!撮影はいつがベスト?

4Dエコーの料金っていくらくらい?撮るメリットはあるの?

妊娠ママが定期的に行う病院での検診。中でもエコーで胎児の様子を見ることができる超音波検査はよりハイテクになり、今では3Dを越えた4Dエコーが誕生しています。まだまだ一般的には知られていない4Dエコー、実際に病院で撮ってもらうには「料金はいくらくらい?」「4Dエコーってなに?」という基本的な疑問が沢山あるはずです。

ここでは、妊娠ママさんたちが気になる4Dエコー写真についてご紹介します。

4Dエコーってなに?お金を出す価値はある?

2Dエコー写真は二次元の白黒写真、3Dエコー写真は三次元の立体的な画像を撮れるもの、そして4Dエコーはこの3Dエコー写真に動きが加わったもの、つまり簡単にいうと3Dの立体的な赤ちゃんが動く様子が見られる動画です。4Dエコーはリアルタイムで赤ちゃんが動いている様子を見られるため、赤ちゃんの命の鼓動を直に感じることができるのが最大のメリットです。

出典:www.youtube.com

4Dエコー写真の一般的な料金は?!

定期検診で4Dエコー写真のことを知った妊婦さんは「撮ってみたいけれど、料金次第かな…」という方も多いはず。
エコー写真は元々は赤ちゃんとママの健康状態をチェックするものなので、お医者さんが検診で使用するだけなら白黒の2Dエコー写真で十分なので、4Dエコーをするかどうかはママの気持ち次第です。費用についてみていきましょう。

4Dエコーの費用は別途が基本

4Dエコーを撮りたいと考える女性

出産の準備で何かと物入りな妊娠ママにとって、やはり気になるのがその費用。料金によっては「撮らなくていいかも」と思われる方も少なくありません。
一般的には、3Dエコー写真は産院での検診代にすでに料金が含まれています。しかし、4Dエコーはオプション扱いのため、検診代とは別料金で、自治体の補助券は使用できないことが多いです。妊娠ママや家族の要望で「撮る・撮らない」を決めることになります。

通常の検診で4Dエコー写真を使う産院もあり

基本的にはオプション扱いの4Dエコーですが、産院の中にはハイテクな機能を積極的に導入している病院もあり、「より妊婦さんに赤ちゃんの細かい様子を見てもらいたい」と通常の検診に4Dエコー写真を使うところもあります。

料金は産院によって異なる

4Dエコーの料金は全国一律ではありません。通われている産院に4Dエコーがない場合もありますし、料金や扱いも違うため、まずはお世話になっている病院で「4Dエコーを導入しているか」「料金設定はどうなっているのか」の2点を確認する必要があります。

もし現在通っている産院で4Dエコーがない場合、外来で4Dエコーを撮ってくれる近場の産院を探しましょう。

医師の説明あり・撮影メインなど内容にも違いあり

エコー写真を撮っている産婦人科の医師

4Dエコーをオプション扱い&別料金で提供している産院では1回の4Dエコー検診で平均\4,000~\10,000ほどの費用がかかります。
また、「検診」として4Dエコー写真を見ながらお医者さんが説明してくれる場合と、ただシンプルに思い出を残すための「撮影」だけのサービスを行っている場合もあります。DVDの持ち込みが必須の場合もありますので、「4Dエコー写真に興味あり!」という妊婦さんは、料金に含まれる内容も確認しましょう。

消して安くない4D エコー費用…いつ撮るのがおすすめ?

毎回の検診で別料金の4Dエコー写真を撮り続けていると、やはり出費もかさんでしまいます。できる限り赤ちゃんがハッキリと確認できるタイミングでチャレンジしたいですよね?

4Dエコー写真は妊娠11週目から可能!

エコー写真を見る夫婦

4Dエコー写真を撮れる時期は、基本的に妊娠11週目~出産直前まで。気が早いママさんは、妊娠初期の頃から4Dエコー写真をリクエストする人も!

妊娠11週目の妊婦と胎児の変化!過ごし方の注意点
妊娠11週目の妊婦と胎児の変化!過ごし方の注意点
妊娠11週目には、妊婦と胎児にどのような変化が見られるでしょうか。気をつけることや過ごし方、つわりや体重増加、出生前診断や性別判定の可否などについて説明します。

赤ちゃんがハッキリ見えるおすすめ時期は妊娠15~30週目

何度も何度も検診のたびに4Dエコー写真を撮ってもらっても、その日の赤ちゃんの角度や向きによっても「今日はハッキリ見えなかった」なんて時も多々あります。ましてや妊娠初期の頃には、通常のエコー写真でもそれほど鮮明に赤ちゃんの様子を確認できるわけではないので、できることなら「この時期がベスト!」と言われるタイミングで4Dエコー写真に挑戦したいもの。

赤ちゃんがハッキリと見える可能性が高い「4Dエコー写真を撮るのにベストなタイミング」は、妊娠15~30週目と言われています。最低限の回数で抑えたい妊婦ママは、この時期にトライ!

4Dエコー写真を撮る2つのメリット

4Dエコーについて質問する妊婦

4Dエコーを撮りたいけれど、費用の問題で迷っているという方にメリットや実際に撮影した妊婦ママの声を紹介します。

赤ちゃんをリアルタイムの動画で見られる

「4Dエコー写真を撮って良かった!」と思えるのは、やはり赤ちゃんのリアルタイムな動きを見ることができて自分のお腹の中で「生きている」「成長している」ということを実感できることではないでしょうか。小さくも強く生きる我が子の鼓動を聞いた時に、母としての自覚を得るママも多いようです。

妊娠中の大切な記念として持っておける

子供がお母さんのお腹の中にいる時はほんの限られた時間。そんな貴重な瞬間を映像として残しておけばママだけでなく、家族にとってもかけがえのない思い出になります。白黒の2Dエコーよりもわかりやすいので「子供が成長してから見せてあげよう!」という楽しみも生まれるでしょう。

エコー写真の保存方法、アルバム作りのアイデア&画像集!
エコー写真の保存方法、アルバム作りのアイデア&画像集!
エコー写真の最適な保存方法は?数年後には劣化して見られなくなるエコー写真。コピーやラミネート、スキャンなどの保存方法の注意点を解説。ママたちが作った手作りエコーアルバムや便利なアプリも紹介します。

「みんなはどうだった?」Twitterの声

4Dエコー写真を撮ることで不安になるデメリット

4Dエコーのデメリットを調べる妊婦

費用がかかるのはもちろん、ママの性格や状況によっては撮らない方がよかったとなることも。立体的な映像に気分が悪くなる方もいますので、自分が映像を見ても大丈夫なタイプかどうか、よく考えましょう。

ハッキリと胎児を見られなくても料金はかかってしまう

エコー写真は赤ちゃんの状態によって見え方が毎回違います。したがって「今日は顔がハッキリ見えなかった」という時でも、4Dエコー撮影代はしっかりとかかってしまうのです。
見本の4Dエコー動画で感動したものの、我が子の動画は今一つだったという場合は、なんだか損をした気分になってしまいます。上手く撮影できるかは運しだいと覚えておきましょう。

赤ちゃんの性別が分かってしまう

4Dエコーではママの目からも「男の子だ!」と角度によっては性別が分かってしまいます。性別はサプライズとして楽しみにしている場合には、ドキドキが半減してしまうかもしれません。ただし、エコー写真で「男の子!」と思っていても実際には「女の子だった!」というケースもあるので絶対ではありません。

顔の表情からダウン症などの疑いを持つ

妊娠中の女性はどうしても精神的に不安定になりがちで、ネットなどのネガティブな情報につかまりがち。4Dエコー写真は「赤ちゃんの顔がハッキリと見える」というメリットがありますが、そこから妊婦さんが「もしかしダウン症?」と不安になってしまうケースがあります。
ダウン症の診断は、血液&羊水検査などの方法がありますが、素人が簡単に判断できるものではありません。

みんなはどうだった?Twitterの声

京都に4Dエコー写真が激安のクリニックがあるって本当?

「4Dエコー写真は料金が高い!」「うちの病院では撮ってくれない」そんな妊婦さんに、とても良心的なお値段で4Dエコー写真を撮ってくれる産婦人科クリニックをご紹介します。

京都の洛西口にある「まりこクリニック」

京都まりこクリニックの画像

引用元:京都の産婦人科 まりこクリニック

京都の西京区にある洛西口に、4Dエコー写真を扱っている「まりこクリニック」があります。こちらのクリニックは、妊婦ママに寄り添ったケアと料金で話題!「記念に4Dエコー写真をお安く撮りたい!」そんな人はぜひチェックしてみて!

  • 4Dエコー写真だけなら\1,580(税込み)
  • スタッフは全員女性で妊婦さんも落ち着ける
  • 「MAGICUT機能」ではっきりキレイな4D写真
    (※MAGICUT機能とは、エコー写真でありがちな影などを取り除いて胎児をより鮮明に映し出す機能です。したがって「見えにくい!」という可能性を最小限に減らしてくれます。)
  • 他の病院に通院している女性も大歓迎!
    (※エコー写真を撮るためだけに病院を変えることはできませんよね?違う産院に通っていても写真を撮ってもらえるのは妊婦ママには嬉しいこと!)

「まりこクリニック」で4Dエコー写真を撮る際の注意点

  • 写真を撮るだけなので、胎児の性別や体重などの測定は不可
    (※あくまでも「写真撮影」だけをサービスしているので、クリニックの先生が4Dエコー写真を見ながら診察をしてくれるわけではありませんのでご注意を!
  • 完全予約制なので事前に連絡を
    (※関西圏以外からクリニックを利用したい場合、妊婦さんの体調のことも考えて予約の連絡を入れましょう。)
  • 1回の診察でモノクロ写真2枚・カラー写真1枚をもらえる
  • 動画を残すにはクリニックで別途\980のUSBが必要(USBの持ち込みは不可)

思い出はプライスレス?4Dエコーに挑戦してみる?

妊婦さんにとって毎回の検診は、少しの不安と沢山の喜びが待っているドキドキなもの。何よりもお腹の中の様子を見ることができるエコーは、赤ちゃんの存在を実感できる貴重な機会です。

リアルタイムで赤ちゃんの動きを確認できる4Dエコー、興味がある妊婦ママは通院している病院で料金などの基本情報をチェックしてみましょう。きっと心に残る瞬間を目にすることができますよ!