Loading

赤ちゃんが夏に着るお勧め肌着

赤ちゃんの夏の肌着は何枚用意?涼しい素材のお勧め肌着

赤ちゃんの夏の肌着はどうしていますか?着せると暑そうに見えるかもしれませんが、基本的には汗を吸い取る肌着は赤ちゃんの体温調節に重要な役割を果たし、着せないならロンパース選びには少しこだわる必要があります。夏に肌着が必要な理由、選び方のポイント、おすすめ商品を紹介します。

赤ちゃんの夏の肌着は何枚用意?涼しい素材のお勧め肌着

赤ちゃんの夏の肌着、どうしていますか?

赤ちゃんはとても汗っかきですね。夏の暑い時期の肌着は、汗っかきの赤ちゃんには必要不可欠のアイテムですが、「赤ちゃんは大人よりも一枚薄着をさせましょう」と言われているため、外出の際には肌着を着せるべきか、着せなくても良いのか、ママたちの戸惑いの原因ともなっているようです。

家では肌着1枚だけにでも、必要ならすぐに着替えができます。クーラーを使えば室温の調節も難しくありません。しかし、外出の際は、見た目的に肌着1枚は抵抗がある。肌着+カバーオールだと暑そう…。カバーオール1枚じゃダメ?やっぱり着心地が悪いかな?と赤ちゃん思いのママたちは色々と考えてしまいますよね。

この夏の赤ちゃんの肌着をどうするべきか、最適な方法を見つけましょう!

赤ちゃんに肌着が必要な理由&肌着を着せない場合の工夫

おでかけ先の砂場で遊ぶ赤ちゃん

夏、赤ちゃんに肌着を着せるか着せないか、多くは肌着は必要と考えられているようです。ですが、肌着を着せないことを選択したママにも理由や工夫があるようです。肌着が必要な理由や着せないことを選択した場合の工夫をみていきましょう。

肌着本来の役割は、汗を吸い取ること

赤ちゃんは体温調節が自分で上手に出来ません。とくに生まれたばかりの赤ちゃんは体温を一定に保つことが出来ないために、ママは気温の変化を確認しながら服の枚数減らしたり、増やしたりして対応しなければなりません。エアコンの普及により、部屋の温度を一定に保つということが可能になりましたが、体感温度というのはまた違いますし、外出先などではなおさら難しいでしょう。

肌着の本来の役割は、汗を吸い取ることです。夏の赤ちゃんは汗っかきですが、肌着があった方が汗を吸い取り、肌が乾くため結果として涼しく感じるようです。また、汗をかくと、汗疹など肌トラブルの原因になりますが、肌着を変えれば、肌の清潔さを保つことが可能です。
また、肌に汗が残ったままだとそこから体温が奪われてしまい、夏でも逆に体が冷えてしまう恐れもあります。体温調節が下手な赤ちゃんには夏でもしっかりと肌着を着させてあげることが重要なのですね。

夏は肌着を着せない派のママが行っている工夫

涼しそうな緑のロンパース

夏の赤ちゃんに肌着が必要な理由はわかりました。しかし、そうはいっても実際に育児をしているママには、最初は着せていたけど、やっぱり暑そうだった、逆に汗疹などのトラブルになったという意見もちらほら。赤ちゃんも着せない方が快適そうだったという経験があるのも事実なようです。

肌着を着せない派のママは、吸収性と肌触りが良いロンパースを1枚着せて、寒かったら上にアウターを着させるというのが主流のようです。肌着としても、ロンパースとしても使えるように素材や見た目にはこだわっていて、わざわざ肌着を変えないので、負担が減り、着替えがしやすいという意見もあります。

赤ちゃんの夏用肌着の選び方!半袖orノースリーブ?素材のおすすめは?

公園で家族みんなで遊べて嬉しい赤ちゃん

赤ちゃんの肌着を選ぶポイントとしては

  • 柔らかくて肌触りの良い綿素材の物
  • 熱がこもらない通気性と汗をよく吸い取る吸汗性が良い物
  • なるべく薄手で重ね着などで温度変化に対して調整が利く物
  • 毎回洗濯をするために耐久性が良い物

以上を選ぶ際のポイントとして、選んであげてください。

夏生まれの出産準備リスト 赤ちゃんとママの入院準備と必需品
夏生まれの出産準備リスト 赤ちゃんとママの入院準備と必需品
夏生まれの出産準備品のリストです。暑い時期に必要な肌着や赤ちゃんの服、入院に必要なママの持ち物など、いつから準備するのか、熱中症対策に便利なベビーグッズと一緒に解説します。

赤ちゃんの肌着の種類一覧

赤ちゃんの肌着の種類は以下のようなものが一般的です。

赤ちゃんの夏用肌着の選び方

短肌着・長肌着

新生児期から生後3ヶ月頃の赤ちゃんにぴったりの基本の肌着です。
寒い時期に生まれた赤ちゃんは短肌着に長肌着を重ねて着用させます。

コンビ肌着

赤ちゃんのM字開脚体型に合わせた、裾広がり、股下でスナップ留めが可能な肌着です。
赤ちゃんは動きやすく、足の動きを妨げることなく快適な肌着です。

ボディースーツ・グレコ・ロンパースなど

赤ちゃん肌着メーカーによって呼び方は「ボディースーツ」「グレコ」「ロンパース」などと様々ですが、股部分でスナップ留めが出来る肌着です。赤ちゃんも動きやすく、肌着がめくれる心配がありません。

カバーオール型肌着

足部分までカバーされた肌着です。足回りや股部分でスナップ留めが出来ます。
肌着がめくれあがる心配がなくフィットし、足を動かしやすいことが特徴です。

半袖、ノースリーブ、どう選ぶ?枚数や素材は?

赤ちゃんを抱え日光浴をするママ

新生児期の赤ちゃんにぴったりな肌着が、綿素材や天竺素材で柔らかな半袖型の短肌着です。背中や脇の下の汗もしっかりと吸収してくれます。
生後4~6ヶ月以降の赤ちゃんで寝返りやハイハイの時期に最適な肌着は前開きできるロンパース型の肌着です。股の部分でスナップ留めができるので、お腹が冷えずに動きやすく安心な肌着ですね。
10ヶ月~1歳以降の赤ちゃんには頭からかぶせるタイプのボディースーツ型の肌着がおすすめです。

ノースリーブ1枚で過ごすわけにはいきませんが、ベビー服と2枚重ね着する際にはノースリーブ肌着は重宝します。
赤ちゃんの月齢や洗濯の頻度にもよりますが、枚数としては6~10枚程度はあるとよさそうです。おむつ替えのときの失敗や授乳時の吐き戻しなどで着替え回数が多い赤ちゃんの時期は、多めに用意があると安心です。夏の時期は起きている時も寝ている時も汗をかきますから、着替えの回数が多くなります。

可愛くて機能的!肌着・ロンパースのおすすめ商品

可愛い黄色の防止で日焼け対策をする赤ちゃん

赤ちゃんの健やかな成長と快適な日々の中でおすすめしたい肌着やロンパースを取り上げていきます。
素材、着心地、デザイン、安全性、通気性、吸水性、コストパフォーマンスなどの購入基準を参考にしてみてください。

フレンチマリン新生児肌着6枚セット/ボンシュシュ

フレンチマリン新生児肌着6枚セットの画像
出典:www.nishiki-ch.co.jp

夏の時期の新生児肌着6枚セット。さわやかなマリン柄やボーダー柄といったデザイン性に優れている肌着ですので、この肌着1枚でも大活躍間違いなしです。
短肌着は紐で結べるようになっており、打ち合わせが深いので赤ちゃんの成長に合わせてサイズ調整することが出来ます。

リボン柄新生児肌着2枚セット/スウィートガール

リボン柄新生児肌着2枚セットの画像
出典:www.nishiki-ch.co.jp

可愛らしいピンクと黄色の2種類が選べます。優しい色使いとともに通気性の良い天竺綿素材を使用しているのでサラッとした着心地です。春夏の新生児期の赤ちゃんにぴったりの肌着2枚セットです。

半袖ボディースーツ5枚セット/ Carter’s(カーターズ)

半袖ボディースーツ5枚セットの画像
出典:item.rakuten.co.jp

子ども服ブランドで人気のカーターズの半袖ボディースーツ型肌着5枚セットです。綿素材100%の肌着は赤ちゃんに優しく洗濯をしても型崩れしにくいしっかりした生地です。耐久性と伸縮性に優れている肌着ですね。優しいパステルカラーが可愛らしく人気です。

ラモルフェ加工ニットサッカーノースリーブ前開きボディースーツ

ラモルフェ加工ニットサッカーノースリーブ前開きボディースーツの画像
出典:www.hohoemi-kobo.jp

赤ちゃんの敏感なお肌の為に優しい素材と安全性、着心地の良さにこだわって製造された日本製のノースリーブです。安全性と肌触りを追及し、縫製などにたくさんの工夫が施されています。アレルゲンが限りなくないものだけを使用しています。

ベビー肌着 AIRismメッシュインナーボディ/ユニクロ

ベビー肌着 AIRismメッシュインナーボディの画像
出典:www.uniqlo.com

あせもなどの赤ちゃんの汗トラブルと首回りや背中の蒸れ、頻繁な着替えなどのママたちのお悩みに応えて「通気性・吸湿性・放湿性・ドライ機能」などを兼ね備えたAIRismメッシュインナーが登場しました。赤ちゃんの汗対策に特化した肌着は快適な着心地を得られることでしょう。

夏の赤ちゃんの肌着の役割と重要性

はじめての夏、薄着にさせることをためらうママも多いかもしれませんが、赤ちゃんは思い切り泣く度に大量の汗をかきます。
暑さによる不快感から泣くということもありますし、汗疹が原因で泣くということもありますから、よく赤ちゃんを観察することと、赤ちゃんの訴えに気付いてあげることがとても大切です。

赤ちゃんが風邪を引かないか心配で薄着をためらうというママは、厚着で汗をかくほうが風邪を引きやすいということを知っておいてください。
背中やお腹に汗をかいている場合は確実に暑い状態ですから、こまめに着替えと肌着で体温調節をしてあげてください。逆に、手足が冷たいなって感じても体が温かければ多少は大丈夫です。明らかに顔色や唇の色が青白い場合は寒がっているので一枚多く衣類を重ねてあげましょう。

快適な日々と赤ちゃんの健やかな成長のためにも、赤ちゃんに最適な肌着を選んであげてください。夏の楽しい思い出がたくさんできるといいですね!