Loading

双子妊娠する確率

双子の確率は?多胎で自然妊娠する確率を上げる方法

双子の確率はどの程度なのか。双子誕生のメカニズムや男女の双子が生まれる確率、双子妊娠率を上げるために出来ること、気を付けるべきことをまとめました。妊娠したい・双子を授かりたい方は知っておいて損はないことばかりです。

双子の確率は?多胎で自然妊娠する確率を上げる方法

双子が可愛い!妊娠する確率、妊娠しやすくなる方法

「双子が欲しいなぁ」と漠然と考えたことのある人もいると思います。
自然妊娠で双子はどのくらいの確率で授かるのか、一卵性と二卵性はどちらが生まれやすいのか、双子を妊娠しやすくする方法はあるのか、など双子について気になる項目をまとめてみました!

自然妊娠で二卵性、一卵性の双子が生まれる確率は0.3%~1%

双子を連れておでかけするママ

体外受精や排卵誘発剤などを用いた不妊治療が行われるようになった現代において、昔よりも双子の出生率は上がってきました。
しかし、自然妊娠での双子の妊娠確率はとても低いと言われています。

特に一卵性双生児は全体の約0.3~0.4%程であるとされています。これは日本だけでなく、世界的に見ても確率的には変わりません。
二卵性双生児は一卵性双生児よりも少し確率が上がり約1%と言われていますが、これは日本と海外では差が見られます。

インドには双子ばかり生まれる『コディンヒ村』と言う村がありますが、そこでの双子出生率はなんと4.2%もあるのだとか。原因は不明だそうですが、この村から出て嫁いだ人も双子を産むことが多いそうです。

二卵性の場合は女性側の家系に二卵性の双子がいると、双子の妊娠率は上がります。多排卵は遺伝的な要素が大きいとされているためです。
これらのことからもわかる通り、一卵性は基本的に偶然・二卵性は体質的なものが大きいため、それぞれの出生率に差が出るのです。

双子妊娠の注意点は?事前準備・日常生活のポイント
双子妊娠の注意点は?事前準備・日常生活のポイント
双子妊娠は嬉しさも2倍ですが、単胎妊娠と比較すると大変です。胎動やお腹の張り、管理入院の必要性など双子を妊娠した不安なママの参考になる記事です。注意点や日常生活のポイントも紹介します。

二卵性双生児の約4割が男女の双子

プールで遊ぶ三つ子の兄弟

世界的にみると、実は二卵性双生児の約4割が男女の双子の組み合わせであるとされています。
男女の双子が生まれる確率は、一卵性は一つの受精卵が分裂して二人になるのに対し、二卵性は一人一つの受精卵でそれぞれが成り立つため、同一性の双子よりも確率は高くなります。

双子が生まれる確率を上げる4つの方法

双子を妊娠するためには医学的根拠のあるものから、迷信的なものまで様々なものがあります。
ここではその中の一部をご紹介します。
双子を授かりたいと思ったらまずは試してみるのもいいかもしれませんね。

栄養バランスを整える(特に葉酸)

人間の体はとても良くできています。特に妊娠・出産を行う女性の体はそれが顕著です。
例えば過剰なダイエットを行うと生理が止まります。ストレスでも遅れたりしますね。これは体の防衛反応です。
母体である女性の栄養状態がよくないと、赤ちゃんを育てるための環境が適切でないと体が判断するのでなかなか妊娠出来ません。

ジャンクフードや外食産業の発達の陰で、現代の女性はタンパク質・脂質・鉄や亜鉛などのミネラルが不足しているといわれています。
食事の際に意識してそれらを摂りたいですが、なかなかそこまで気が回らないのも事実。
足りない部分はサプリメントで補うのもおススメです。

特に葉酸は必要なビタミンが豊富です。妊娠前~妊娠初期にかけて摂取することで、おなかの赤ちゃんの先天性異常などを軽減することでも有名です。
妊娠を希望するなら、まずは栄養バランスの見直し・補給を行い体を整えることから始めましょう。

動物性食品を多く摂取する

牛乳が大好きな任活中の女性

動物性食品とはその名の通り、動物に由来する食品です。肉・魚・貝類・卵・乳製品など、日常的にもよく口にする食品ですね。
これらの動物性食品にはIGFという成分が含まれており、このIGFが卵巣機能に働きかけ刺激を与え、排卵する卵子の数が増えるのではないかと言われています。
実際、牛乳をよく飲む人はそうでない人に比べて双子の妊娠率が5倍も高いとのアメリカの研究データもあります。

2回以上の出産を経験する

双子の妊娠のためには排卵時に卵子が多排卵となったほうが確率は上がります。
その多排卵と関係が深いとされているのが『ゴナドトロピン』というホルモンです。この『ゴナドトロピン』は出産経験により上昇する傾向があるとされています。

そのため、初産よりも第二子以降のほうがほんの少しですが、確率が上がるのです。

経産婦の出産にみられる傾向や注意点とお悩み対策
経産婦の出産にみられる傾向や注意点とお悩み対策
経産婦の出産スピードは早い、に代表される経産婦さんの出産特有の傾向やそれに対する注意点、経産婦さんだからこそ抱えがちな上の子可愛くない症候群に関するお悩みなどについて触れていきます。

4.30代後半で妊娠する

これは次に詳しくご紹介しますが、妊娠する年齢によって双子の妊娠確率は変動します。
35~39歳での双子妊娠率は21.7%とされています。逆に20歳未満だと0.63%しかありません。年齢によってこれほど差があるとは知らない方も多かったのではないでしょうか。

年齢により双子を妊娠する確率が違う

双子を妊娠したいベビ待ち女性

前述の通り、双子の妊娠率は女性の年齢によって異なります。
20歳未満の場合は0.63%と低く、35歳~39歳だと21.7%にまで上昇します。
母親が30歳以上の双子の出生率は約62%にもなるとの驚きの報告もあります。

これは30歳を過ぎると、子孫を残すという潜在的な使命のようなものが働くため、多排卵が起こりやすいのではないかと考えられています。

三つ子が生まれる確率は1万8000分の1

双子以上に自然妊娠する確率の低い三つ子ですが、全くないということはありません。
これは国によっても多少変わってきますが、日本ではおよそ1万8000分の1という確率で三つ子が生まれるようです。
晩婚化により不妊治療をする人が増えて、双子やそれ以上の数の子どもを妊娠することが増えています。

双子妊娠時における子どもに起こりうるリスク

双子妊娠のリスクに戸惑う妊婦

一度に二人の子どもを授かることのできる双子ですが、単胎妊娠に比べてリスクが高まることも忘れてはいけません。医学的にみると、双胎妊娠は単胎妊娠よりも3倍のリスクがあるそうです。
次に、子ども側に起こるリスクをお伝えします。

双子育児は大変?ノイローゼ寸前の日々を乗り越える方法
双子育児は大変?ノイローゼ寸前の日々を乗り越える方法
双子育児でノイローゼ寸前⁉双子を育てるママや妊娠中のママのために、先輩ママの声を参考に、双子育児の悩みと対処法、心構えをまとめました、双子育児を楽にするグッズや笑える本や漫画、双子あるある話も紹介。

一絨毛膜一様膜

双子妊娠の際の診断の中に『膜性診断』というものがあります。これはおなかの中の赤ちゃんがどのような状態(羊膜・胎盤・部屋はそれぞれ一つなのか二つ)なのかを診断するものです。

その中で一番危険なのが『一絨毛膜一様膜』です。二人で一つの胎盤を共有し、育つ部屋(羊膜)も同じため、栄養や酸素のバランスが難しく二人の発達に偏りが出てしまう可能性があるのです。また、胎盤が一つしかないので、胎盤に問題が起きたときに二人ともが命の危険にさらされてしまいます。
喜びだけではないことも理解しておくことが大切ですね。

バニシングツイン

バニシングツインが起こらないように祈る妊婦

バニシングツインとは、2つ以上の胎嚢が確認された後、何らかの理由で一人に初期流産が起こり、母体に吸収されてなくなることをいいます。つまり、妊娠では二人確認できたものの、出産は一人だけということです。

バニシングツインが起こる可能性は一般的に10~15%と言われており、単胎妊娠の初期流産の値と変わりありません。
原因は染色多異常ではないかと考えられていますが、詳しいことは分かっておらず、予防法もありません。

可愛い双子の妊娠は奇跡の確率

街で見かけると目を奪われる双子。
その誕生の確率や出生率の上げ方など、意外に知らない情報が多かったのではないでしょうか。
双子を希望する方だけでなく、妊娠を希望する方に必要な情報も一緒にまとめたので、今後の妊活に活用していただけたら幸いです!