Loading

吸啜反射の時期と意味

吸啜反射とは?赤ちゃんの原始反射「吸てつ反射」時期と意味

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)とは赤ちゃんがママの胎内にいつときから備わっている原始反射の1つです。具体的にはいつからいつまで吸啜反射が見られるのか、どのような反射なのか、吸啜反射は消失するのかなど赤ちゃんらしい可愛い反射の意味や時期について解説します。

吸啜反射とは?赤ちゃんの原始反射「吸てつ反射」時期と意味

赤ちゃんの吸啜反射とは?可愛い原始反射の秘密を探れ

初めての出産で入院中からおっぱいをあげるお母さん。母になった喜びを感じる赤ちゃんがおっぱいを吸う行動を吸啜(きゅうてつ)反射といいます。

「いつから始まりいつまで見られる行動なのか?」「吸啜反射が弱いのではないか?」との不安や、おしゃぶりのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

「吸啜反射」「哺乳反射」原始反射は赤ちゃんに備わった生きていくための力

吸啜反射とは基本的には生後すぐにすべての赤ちゃんに見られる原始反射の一つで、口唇追いかけ反射(ルーティング反射・捕捉反射)と相互作用し、出生後すぐにおっぱいを飲み、自分で栄養を得るために必要な反射です。「吸」は吸う、「綴」はすするという意味を表します。

赤ちゃんの吸啜反射を利用して授乳をする母親

吸啜反射の他に唇に乳首などが触れると首を回す「探索反射」、乳首が口に入るとくわえる「捕捉反射」、おっぱいを飲み込む「嚥下(えんげ)反射」など一連の反射を含めて「哺乳反射」といいます。

生後すぐに見られる主な原始反射は他にもあり、

  • 赤ちゃんの手の平に大人の指などを入れると握る「把握反射」
  • 音の刺激などで上肢を大きく開き抱きつこうとする「モロー反射」
  • 赤ちゃんを支えながら両足で立たせるようとすると足を右左交互に出して歩くような動きをする「足踏み反射」
  • うつぶせになると腕が曲がって腰が浮く格好になり、仰向けになると手足や背中が伸びた姿勢になる「緊張性迷路反射」
  • 仰向けに寝ている赤ちゃんの顔を横に向けると、顔が向いたほうの手足は伸びて反対側の手足は曲がる「非対称性緊張性頸反射」

などがあります。

モロー反射とは?時期と赤ちゃんがビクッと起きるときの対策
モロー反射とは?時期と赤ちゃんがビクッと起きるときの対策
モロー反射の消失時期や正常な反応と異常な反応、赤ちゃんの原始反射のひとつモロー反射と良く似た点頭転換との違いなどモロー反射について解説し、モロー反射対策の赤ちゃんを安心させるおくるみの巻き方も紹介。

吸啜反射は赤ちゃんが生きるために必要な反射

吸啜反射は赤ちゃんが最低限生きるために必要な反射とも言われ、自分で母乳やミルクを飲み栄養を得るために必要な生存本能です。

横向き授乳でも吸啜反射が起こる赤ちゃん

吸啜反射によって指しゃぶりをしたり、器用にも足をなめたりしますが、それにより赤ちゃんは自分の体を次第に認識していき、口や手、指の感覚が発達します。

吸啜反射は胎児の頃から見られる

吸啜反射いつからみられるのでしょうか。
吸啜反射は生存本能なので胎児の頃から出現し、生まれた時にはすでに見られます。在胎26週頃に出現し、32週頃には成熟しています。

吸啜反射は生後6ヶ月頃に消失する

では吸啜反射いつまで続くのでしょうか。一般的には生後4~5ヶ月で弱まり、離乳食を始める生後6ヶ月ころに消失します。

6ヶ月の赤ちゃんの成長・離乳食のコツと感染症への対処法
6ヶ月の赤ちゃんの成長・離乳食のコツと感染症への対処法
6ヶ月の赤ちゃんの成長の様子や、夜泣きや生活リズムの乱れ、離乳食を食べないなどのお悩みの対処法や時短テクについて解説します。赤ちゃんの発達を促す関わり方、遊び、おもちゃについても紹介しています。

吸啜反射が弱いのは病気?どうしたらいいの?

吸綴反射の反応が弱かったり、全くみられない場合もあります。その場合は病気の可能性もあるので医師の診察を受けることをお勧めします。

  • 出生時に早産などトラブルがある
  • 新生児仮死などによる低体温
  • 急性ビリルビン脳症(核黄疸)
  • 前頭葉または、両側大脳広範などの脳に障害

吸啜反射の消失は離乳食の始めどき

吸啜反射が消失する時期は離乳食を始めるサインです。
探索反射吸啜反射が薄れてくると、自分の意志で食べ物を噛んだり飲み込んだりする「随意(ずいい)運動」が発達するようになります。

おしゃぶりは吸啜反射を利用した赤ちゃんグッズだった!

おしゃぶりは赤ちゃんの吸啜反射を利用したベビーグッズです。
赤ちゃんの頃は何かを吸うという行動が不安解消・安心に繋がります。日本小児歯科学会の報告では、

おしゃぶりでご機嫌になった男の子

  • 精神的安定
  • 簡単に泣き止む
  • 静かになる
  • スムーズな入眠
  • 母親の子育てによるストレスが減る

とされています。

また、指しゃぶりと乳前歯部開咬(噛み合わせや出っ歯)について調査したところ、おしゃぶりは指しゃぶりより軽度ではあるものの、長期に渡り年齢が高くなるまで使用すると乳前歯部が開咬となりやすいという結果があります。

それではおしゃぶりのメリットとデメリットをご紹介します。

おしゃぶりのメリット

寝ている時もお気に入りのおしゃぶりを離さない赤ちゃん

こまめに洗うことにより衛生的

指しゃぶりをする赤ちゃんを見ると、衛生面が心配になるお母さんも多いと思います。実際、赤ちゃんの手足にはホコリがたまりやすく、たくさんの雑菌があります。ハイハイをしたり、つかまり立ちや伝い歩きを始めると、いろいろなものに触れる機会も増えるので、ますます雑菌が手に着く環境になります。
指しゃぶりは体温で温かく、雑菌が繁殖しやすいのですが、おしゃぶりはそれほどでもなく、こまめに洗ってあげることで清潔は保てます

ママのストレスが減る

おしゃぶりを使うことで、赤ちゃんが安心して泣き止むなど、ママの育児ストレスを軽減するグッズでもあります。
寝付きの悪い赤ちゃんが、おしゃぶりを与えることで安心してぐっすり寝てくれることもあります。母乳やミルクを与えられない環境でも、おしゃぶりを与えて落ち着かせることができるというメリットもあります。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防につながる

アメリカの小児科学会は、寝る時におしゃぶりを使用することで乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐ効果があるという発表をしました。

うつぶせ寝や喫煙する母親などリスクのある環境で、おしゃぶりを使用している赤ちゃんが、使っていない赤ちゃんに比べるとリスクが10分の1以下との報告なので、環境の違う日本で同じ事が言えるかは解明されていませんが、寝ている間に赤ちゃんの顔に毛布やタオルがかかってしまった場合でも、おしゃぶりの付属部分の分だけ毛布やタオルが浮き、隙間を作るので息が出来なくなるのを防ぐ効果には期待できそうです

乳前歯部が開咬になることも指しゃぶりに比べ軽度だとされていますが、乳臼歯が生え揃う2歳半、さらに3歳過ぎまで使用していると噛み合わせの異常が残ってしまうので、やめさせる時期には注意が必要です。

おしゃぶりのデメリット

  • 習慣性となりやすい
  • 長期間の使用で噛み合せが悪くなる
  • 「なぜ泣いているのか?」考えずに使用してしまう
  • あやすのが減る
  • 言葉かけが減る
  • ふれあいが減る
  • 発語の機会が減る

発語やことばを覚える1歳過ぎになったら、おしゃぶりのフォルダーを外して、常時使用しないようにしたり、出来るだけ言葉がけや触れ合いを大切にし、発語の機会を奪わないようにしましょう。

おしゃぶりを使用している子どもは、使用していない子どもと比較して上顎前突、開咬および乳臼歯交叉咬合の発現率が高くいものの、止めると噛み合わせの異常は改善しやすいです。しかし、乳臼歯が生え揃う2歳半、さらに3歳過ぎまで使用していると噛み合わせの異常が残ってしまうため、2歳までに止めることがよいでしょう。
3歳過ぎまで使い続けている場合は情緒面の発達に不安があるので、小児科を受診しましょう。

吸啜反射は哺乳反射のひとつ!新生児が母乳やミルクを飲める秘密

吸啜反射は哺乳反射の一つです。
哺乳反射とは生まれたばかりの手や足も満足に動かせない赤ちゃんが、自分の力でおっぱいやミルクから栄養を摂り生きていくために必要なものです。

吸啜反射でママの服に吸い付く赤ちゃん

哺乳反射とはおっぱいを吸うための一連の反射

おっぱいを吸う(吸啜反射)唇に乳首などが触れると首を回す(探索反射)、乳首が口に入るとくわえる(捕捉反射)、おっぱいを飲み込む(嚥下反射)など一連の反射を含めて「哺乳反射」といいます。

在胎児から備わった哺乳反射により赤ちゃんは生まれた時からおっぱいやミルクを飲むことができます。

以下の4つをまとめて哺乳反射といいます。

吸啜反射

口の中に取り込んだものを、舌で包んでしごくように動かす行動です。

探索反射

探索反射は、唇や口の周りに触って刺激を与えると、刺激された方に顔を向ける行動です。

捕捉反射

乳首が口に入るとくわえる行動です。

嚥下反射

おっぱいなど口に入った液体を飲み込む行動です。

新生児の反射まとめ|反射の種類・消失時期・異常反応
新生児の反射まとめ|反射の種類・消失時期・異常反応
新生児の反射運動には様々な種類があり、初めて子育てをされるお母さんは「これ正常なの?」など戸惑うことも多いはずです。そんなお母さんに向けて赤ちゃんの反射の種類や消失時期、異常反応について解説します。

生後6ヶ月までしか見られない吸啜反射を楽しもう

哺乳反射・原始反射について解説してきましたが、吸啜反射は赤ちゃんに生まれた時から備わった赤ちゃんが自分で栄養を取るために必要な反射です。胎児の頃から見られ、離乳食を始める生後6ヶ月頃には消失しますが、その頃には自分の意志で食べ物を噛んだり飲み込んだりする「随意運動」が発達するようになります。

吸啜反射は身体機能が発達する前に見られる赤ちゃんらしく可愛らしい行動ですので、親子の時間を大切に、赤ちゃんの成長を見守っていきたいですね。