Loading

赤ちゃんのミルク飲み過ぎが心配

赤ちゃんのミルク飲み過ぎが心配!一生肥満は乳児期が鍵?

赤ちゃんのミルク飲み過ぎが心配だけど、飲み足りなさそうだからミルクをあげる。与えるだけ飲むけど、肥満が心配。と思ったら、おう吐、便秘や下痢になって様子が変。そんな不安があるママへ知っておきたい事をご紹介します。

赤ちゃんのミルク飲み過ぎが心配!一生肥満は乳児期が鍵?

赤ちゃんのミルク飲み過ぎの心配は「肥満」

赤ちゃんが満足する分ミルクをあげたいけれど心配なのは肥満です。
母乳育児に強い信念を持っているママがいれば、仕事でミルク育児をするママだっている。おっぱいが出ないから、ミルク育児で頑張ろうとするママもいます。個々のスタイルにあわせて、ミルクと母乳を使い分けてはいるものの、赤ちゃんの健康は常日頃気になるもの。

赤ちゃんの健康を守るためには、赤ちゃんの発育と肥満についてちゃんと知っておきたいですね。

ミルクと肥満の関係性は?ミルクは太りやすい?母乳とミルク比較

「ミルク太り」なんて言葉を耳にしますが本当でしょうか?

ミルクを飲む赤ちゃんのほっぺをツンツンするママ

赤ちゃんが元気でミルクを飲んでくれることは良いことなのだけど、「ちょっと飲み過ぎなのでは?」と思うとママとしては肥満体にならないかが気になりますよね。赤ちゃんのミルク飲み過ぎによる赤ちゃんの体重と母乳とミルクの関係をチェックしてみましょう。

与える量の目安があるため、ミルクは飲ませ過ぎを防げる

今のミルクはできるだけ母乳に近い成分で作られているので、どのメーカーのものでも安心して与えることができます。哺乳瓶やちくびのお手入れや調乳など準備は必要ですが、母乳と違って与えた量がわかりやすいという点があり、「もしかして母乳不足かしら?」のような心配は滅多にないと言える面はミルクの大きな利点のひとつです。ミルク缶に記載されている目安の範囲で与えていれば、「ミルクを飲み過ぎる」ということもないでしょう。

ただし、外出先でも、おっぱいの時のようにそれほど場所を気にせずに与える事ができる、ママ以外でもあげる事ができる…などのメリットもあるため、赤ちゃんがミルクのおかわりが欲しくて泣いたときに根負けしてしまわないよう、ある程度「おかわりの量を決めておく」など対応を決めておくと良いでしょう。

また授乳中~授乳後の赤ちゃんとのコミュニケーションである程度の物足りなさを紛らわしたりのも手。しっかりと抱っこして、人のぬくもりを感じさせることも意外と効果的なんですよ。

噴水のような大量の「いつ乳」

赤ちゃんの消化機能は未熟で、飲ませた後にすぐに寝かせたり、飲み過ぎたりすると吐きやすくなっています。このような胃の未発達によるミルクの吐き戻しを「いつ乳」といいますが、元気にミルクを飲んでいて、吐いた後も機嫌が良ければ大丈夫。

しかし、噴水のように大量に吐く場合や、吐いた物にミルク以外の色がついているとき、普段と吐く様子が違う場合、吐いた後の様子がおかしいときは要注意なのでお医者さんに診てもらいましょう。

赤ちゃんがミルクを吐く原因は?吐き戻しを緩和する対策
赤ちゃんがミルクを吐く原因は?吐き戻しを緩和する対策
赤ちゃんがミルクを吐かないための対策を紹介。噴水のように大量にミルクを吐く原因は病気?ママが気になることや、新生児~4ヶ月以降の上手なミルクの与え方など赤ちゃんのミルクの吐き戻しについて解説。

しばらく続く下痢の場合は「乳糖不耐症」の可能性もある

ミルクか母乳かや月齢でも赤ちゃんの便の状態はかわりますが、もともと赤ちゃんの便はゆるく、一日に何回も水っぽいうんちをします。多少の下痢があっても元気にミルクを飲んでいる、体重も増えていて機嫌もよければ大丈夫です。

しかしミルクを飲んだ後の下痢が暫く続いているのであれば、一時的な乳糖不耐症なども考えられます。また、下痢は風邪などの感染症の症状のひとつでもあるため便の色や形状、下痢以外のその他の症状や赤ちゃんの症状も要チェックです。おう吐や熱や腹痛を伴ったり、唇がかさかさ渇いた状態の時はすぐに病院で診てもらいましょう。

乳糖不耐症の治療方法と自宅で確認する病院の受診目安
乳糖不耐症の治療方法と自宅で確認する病院の受診目安
乳糖不耐症の治療はどのようなものなのか、症状など赤ちゃんの状態から判断した治療法を解説します。下痢や嘔吐など自宅で症状から判断して病院に受診する目安も紹介します。

赤ちゃんは脱水症状を起こしやすいため、下痢が続くときは脱水を起こさないよう気を付けてあげる必要があります。湯冷ましや赤ちゃん用麦茶、月齢がある程度進んでいれば、赤ちゃん用イオン飲料なども用いてで水分補給をしてあげましょう。

離乳食を進めている場合は一時的に中断したり、おかゆなどの消化の良いものにする工夫をしましょう。また、下痢をするとお尻がかぶれやすいので、こまめにお湯で洗い流してあげておむつ交換をして清潔にしてあげることも忘れずに。

便秘以外の症状を病院での受診目安にする

消化器官の未発達な赤ちゃんの排便のリズムには個人差があるので、大人のように何日間便が出なかったから「便秘」ということではありません。しかし、便秘のときにミルクを飲み過ぎてしまうとお腹がはったり機嫌が悪く泣いたりしてしまうこともあります。まずは、排便がスムーズか?や赤ちゃんの機嫌が良いか?をチェックしましょう。

今まで排便が順調だったのに、離乳食を始めたら便の回数が減ったとか、赤ちゃんのミルクを変えた場合にも便秘になるときがあります。赤ちゃんが便意の時に苦しそうにいきんだり、肛門がきれて血が出たり、機嫌が悪い、おう吐など他の症状がある時は、お医者さんに診てもらってくださいね。

肥厚性幽門狭窄症|噴水状の嘔吐は栄養不足のはじまり!?
肥厚性幽門狭窄症|噴水状の嘔吐は栄養不足のはじまり!?
肥厚性幽門狭窄症の赤ちゃんは嘔吐を繰り返し、水分や栄養を十分にとることができません。赤ちゃんが何度も嘔吐する場合、幽門狭窄症でないか1度確認しましょう。具体的な症状や発症確率、治療法も解説しています。

授乳量が分かり難いため、ミルクと比較して母乳は飲ませ過ぎることがある

母乳育児が望まれる理由…それは、出産後1週間にかけて分泌される初乳が免疫物質を多く含み栄養価も高く、以降も産後の経過に伴い赤ちゃんに最適な成分に変化していくとされているから。また、ミルクに比べて消化吸収しやすいため、赤ちゃんの未発達な消化器官にもやさしいのです。

ミルックの飲みっぷりがいいすくすく育つ赤ちゃん

授乳によって子宮の回復が早まるなどママにとってのメリットもありますが、反面、お母さんの体内に入ったものが母乳として出るわけですから、食べ物や薬など気を付けなければいけないことだらけだったり、消化吸収がやさしいぶん、授乳回数も多いなどやはり大変さもあります。

母乳の飲み過ぎ・母乳不足を見極めるには

母乳で育てている場合は、ミルクのように飲んでいる量が目に見えないことから「赤ちゃんがどのくらいの量の母乳を飲んでいるのか?」という不安は常につきものではないでしょうか?
母乳育児の飲み過ぎや母乳不足をチェックするには、発達曲線や一週間単位での体重増加を計って記録していくことが一番です。

ゆるやかでもしっかり体重が増え、赤ちゃんが機嫌よく元気であれば大丈夫。「おしっこ」も母乳分泌を知る目安になります。おしっこは、飲まなければ出ないものですからちゃんと出ていれば大丈夫です。
逆に母乳が出ていないと、おしっこの色が濃くなり、回数も減ります。また、赤ちゃんの機嫌がわるい、授乳間隔があかずにほしがる、授乳時間の長い…というときも母乳不足が考えられます。

ミルク飲み過ぎの原因は未発達な満腹中枢・コントロールの仕方

赤ちゃんは食欲を抑制する満腹中枢が未発達な為、まだ飲む量を調節できません。与えるだけミルクを飲んでしまいます

ミルクと母乳の飲み過ぎで体がマルマル太った赤ちゃん

しかし、満腹中枢が未発達なために起きるミルクの飲み過ぎも度を越すと肥満の原因になることもあります。必要以上にミルクを飲ませるということがなければ、肥満になるおそれはありませんので、ママは肥満に対する知識をもって「適度」にコントロールしてあげましょう。

生後4ヶ月未満の赤ちゃんのミルク飲み過ぎを防ぐには

4ヶ月までは、「赤ちゃんがほしがるだけミルクやおっぱいをあげてよい」と書かれた育児書が多いのではないでしょうヶ月齢によって与えるミルク量の目安があり、缶の規定量内でミルクを与えていきます。また、体重増加は母子手帳の発達曲線に沿った体重増加であれば大丈夫でしょう。

しかし飲み過ぎが原因で、おう吐・下痢・便秘が起こることもあるので、必要以上にミルクを与えすぎないよう注意が必要です。

白湯やお茶、ミルク以外のもの

授乳間隔があかずにミルクを欲しがる場合は、ミルクを薄めて量を増やしたりするよりも、ミルク以外の味やスプーンに慣れさせる練習も兼ねて少しさました白湯や月齢に合わせた赤ちゃん用のお茶を飲ませてあげるのもよいでしょう。赤ちゃんの様子をみながら、少しずつ与えて行きましょう。

昼夜のリズムがついてきたら、夜間断乳に挑戦

生後3ヶ月~生後4ヶ月ごろから赤ちゃんは、昼夜の区別がつきだします。すると生活リズムが整いはじめます。昼間は日光を浴びて体が活動する時間にする。たとえば散歩をしたり、赤ちゃんの興味を引いてあやしたりと工夫してあげましょう。

4ヶ月の赤ちゃんの発育と遊び方|注意したい感染症の症状
4ヶ月の赤ちゃんの発育と遊び方|注意したい感染症の症状
4ヶ月の赤ちゃん、関わり方はこれで大丈夫?寝返りができるようにならない、湿疹が気になる、生活リズムが整わない、どんなおもちゃや遊びがいいかわからない…そんなお悩みにひとつずつ丁寧に答えていきます。

そして夜は部屋を暗くする、パジャマに着替えさせるなど寝る体制になり体を休息させる環境を整えてあげましょう。夜にぐっすりと眠ることで夜間の授乳がなくなって行き夜間断乳をしやすくなります。

生後5ヶ月以降の赤ちゃんのミルク飲み過ぎを防ぐには

成長に必要な栄養をミルクや母乳以外の食事から摂り、また食習慣を身に着けさせるために、目安として生後5ヶ月頃から離乳食がスタートします。離乳食を始めたばかりのこの時期は慣れさせる事が目的ですので、まだまだ栄養摂取はミルクや母乳からになります。

「離乳食+ミルク(母乳)」のセットで栄養を与えてあげます。
生後5ヶ月~生後6ヶ月のごっくん期は1回の離乳食+ミルク、生後7ヶ月~生後8ヶ月のもぐもぐ期になると2回の離乳食+ミルク、生後9ヶ月~生後11ヶ月になるカミカミ期になると3回の離乳食+ミルクへと進みます。離乳食の段階に応じて徐々にミルクの量も減らし、1歳を過ぎる離乳食完了期になると摂取する栄養のほとんどは3回の食事からになります。離乳食の進み具合や一回の食べる量にもよりますが、ミルク量は缶の規定量内でコントロールしてあげるとよいでしょう。

5ヶ月の赤ちゃんの成長と離乳食の進め方や便秘対策
5ヶ月の赤ちゃんの成長と離乳食の進め方や便秘対策
5ヶ月の赤ちゃんのお世話は夜泣きや離乳食など、ママもはじめてのことがいっぱい!成長に合わせた遊びやおもちゃを紹介しつつ、ママが不安に感じることの多い離乳食の進め方や赤ちゃんの不調についても解説します。

離乳食が進んできたら、食事後のミルクの量を調整

離乳食の回数、量ともしっかりと摂れて十分な水分も摂れていれば、自然とミルクの摂取量は減っていきます。ミルク大好きな赤ちゃんの場合でもミルクは缶の規定量内で与えてあげるようにしましょう。また、食欲もその時々によって違うので、赤ちゃんの様子をみながら離乳食とミルク量を調節してあげましょう。

ミルクの飲み過ぎで太ったら生涯太る?太りやすい体質のメカニズム

「赤ちゃんが欲しがる分、どんどんミルクを飲ませてOK!」と看護師さんや保健師さんに言われたから安心して、赤ちゃんが欲しがる分どんどんミルクを上げていたけれど…やっぱり飲み過ぎじゃ?
乳幼児健診等で他の赤ちゃんと比較してしまい「ウチの子、デカ…」と思ってしまうと、健康管理の面で不安を感じてしまいますよね。

ミルクや母乳と肥満の関係性を聞く赤ちゃん

もともと赤ちゃんは太りやすい体質であるといえますが、生まれてから1歳までの間の成長が、人の成長の中で一番めまぐるしいため、毎日大きくなるためにミルクやおっぱいをたくさん飲みます。
そんな赤ちゃんの体のメカニズムについてご紹介いたします。

脂肪細胞(白色脂肪細胞)とは?「太りやすい体質は3歳までに出来る」と言われる理由

脂肪細胞(白色脂肪細胞)には、脂肪を蓄積する性質があります。「太りやすい体質は3歳までにできる」と言われる理由は、乳幼児期の食生活が白色脂肪細胞の数や大きさに影響を与えているとも考えられています。

赤ちゃんの時期は、体脂肪の蓄積ペースが速く生後6ヶ月~生後7ヶ月になるとさらにプニプニと赤ちゃんらしい体型へと変化していくので、ママとしては「肥満気味なのかな?」と心配してしまうこともあります。しかし、1歳を過ぎ活発に歩き出すようになれば活動量に合わせて徐々に体も引き締まってくるので、心配のない範囲であれば、ミルクを薄めるなどの制限は行わずに様子をみていきます。

出典:www.youtube.com

赤ちゃんの肥満を心配するママが気を付けるポイントとしては、離乳食が始まる生後5ヶ月~生後6ヶ月の時期から覚える味がその後の肥満を予防する基礎となるので、薄味にしてバランスの良い食事ができるように気を付けてあげましょう。

脂肪細胞が増える時期

白色脂肪細胞については、乳幼児期の肥満はその後の肥満体型を作りやすいとされています。

肥満は「脂肪細胞の数が増えているケース」「一つ一つの脂肪細胞が大きくなるケース」「脂肪細胞の数が増えて、大きくなっている状態が混ざっているケース」の3つのパターンがありますが、このうち一度増えた脂肪細胞は、減量を行って細胞を小さくしたとしても数が減ることはないとされています。つまり「太りやすい体型」を作るのは脂肪細胞の数とも言えます。

脂肪細胞は成長段階で、脂肪細胞の数の増加比率やその大きさが異なります。

生後6ヶ月~生後7ヶ月頃に他の赤ちゃんよりポッチャリ体型だったとしても1歳ごろまでは様子を観ていきますが、その間に始まる離乳食が、その後幼児期・学童期の成長に大きく影響をしますので、食事内容に気を付けてバランスよく摂取するように心掛け、体質を管理してあげましょう。

【生まれてから2歳までの乳児期】

脂肪細胞の数一番多くなります。一度数が増えると減ることはありませんから、後々肥満になりやすいといわれています。しかし、この時期の肥満は特有のもので、他の時期の肥満との直接の結びつきは薄いとされています。

【幼児期・学童期・思春期前までの時期】

この時期には、脂肪細胞の数の増加比率はおさまっていきますが、細胞の大きさが膨らみ始めます。この時期に肥満になると、数と大きさの影響肥満度が増す傾向が見られます。また、幼児期以降の肥満はその後の段階に続き、成人してからの肥満につながる可能性が高くなります。

乳幼児期の肥満と成人の肥満では質が違うとは言われているものの、学童期に肥満な子どもは、幼児期から肥満であることが多いとされています。

【思春期以降の時期】

脂肪細胞の増加はおさまっていますが、脂肪細胞は大きく膨らみます。

しかし赤ちゃんの頃は脂肪をエネルギーにする褐色脂肪細胞も多い

人は白色脂肪細胞のほかに、体の中でエネルギーを消費して体温を上げる役割をする(脂肪を燃焼させる)褐色脂肪細胞ももっています。この褐色脂肪細胞を活性化させると肥満を防止・解消する効果があります。

手を叩き喜ぶ赤ちゃん

赤ちゃんの時期にはこの褐色脂肪細胞が多く存在するために代謝もとても活発であるがゆえ、「欲しがる分ミルクを上げてもOK」と言われるのかも知れませんね。
褐色脂肪細胞の数は月齢や個人差、体の動かし方によっても違いはありますが、「太り気味?」と思うようでしたら、赤ちゃんが興味を引くようにあやしたりして体を動かす遊びを導入してみると良いでしょう。

赤ちゃんと外出|月齢別行ける場所&お出かけ先のマナー
赤ちゃんと外出|月齢別行ける場所&お出かけ先のマナー
赤ちゃんとの外出いつからOK?1ヶ月健診が終わると赤ちゃんの行ける場所は広がりますが行きたくても我慢したい場所、行先別赤ちゃんや小さな子連れでも気持ち良く外出するポイントとしてマナーや持ち物をチェック!

ママは肥満に対する知識を持って「適度」なコントロールを!

毎日赤ちゃんの面倒を見るママにとって赤ちゃんへの不安はつきもの。毎日のちょっとした変化でも心配になってしまうこともあるものです。
でも、あまり神経質になり過ぎてしまうのもNGです。お母さんが不安な気持ちで接すると、赤ちゃんにもその気持ちが伝わるのですよ。

赤ちゃんの成長には個人差があるものと割り切り、赤ちゃんの体の仕組みや発育・成長の目安を知って、おおらかなキモチで見守ってあげましょう。ただし、言葉を発しない赤ちゃんですからその分コミュニケーションを重ねたりよく様子を観察したりし、体調の変化や赤ちゃんの気持ちに気づいてあげてくださいね。