Loading

自閉症の赤ちゃんの特徴

自閉症の赤ちゃんに見られる特徴・0〜2歳の頃の発達と所見

自閉症は、赤ちゃんのときにも診断できるのでしょうか?目が合わないなど「あれ?」と感じる所見を年齢別に挙げてみましょう。もちろん、発達の個人差があることを前提に…。自閉症とはそもそも何なのか、どんな障害なのかについても解説します。

自閉症の赤ちゃんに見られる特徴・0〜2歳の頃の発達と所見

うちの子もしかして自閉症?自閉症の知識と赤ちゃん時代の発達の様子

自分のお子さんの発達について「あれ?」と思うことは、きっとどの家庭にも一度はあると思います。発達や成長には個人差がありますから、その時々でできないことがあったとしても、月齢や年齢が解決してくれるのがほとんどです。
しかし、その「あれ?」がいくつも重なると、次第に違和感は不安へと変わるかもしれませんね。

自閉症は、小さい頃から親御さんが「あれ?」と思うことの多い障害の一つです。今いろいろとネットで情報を集めているママに、必要な情報をまとめました。

自閉症は発達障害の一種

ハイハイで突き進む赤ちゃん

自閉症とは発達障害の一種、脳機能障害に起因するものだと言われています。

発達障害とは

先天性の脳機能障害。乳幼児期から発達の遅れや特徴的な行為がみられます。主に対人関係に困難があり、その症状や特徴によって、細かく分類される。

中でも自閉症は、次の3つの特徴に集約できるでしょう。

赤ちゃんが人見知りしないのは性格?発達障害との関係
赤ちゃんが人見知りしないのは性格?発達障害との関係
赤ちゃんが人見知りしないのは愛情不足のせい?育て方が悪い?と不安になる必要はありません。人見知りしない理由と発達障害との関係性、実は人見知りしているかもしれない赤ちゃんの行動を解説します。

対人関係(社会性)の障害

自閉症の一つ目の特徴は、対人関係がうまくいかないことが挙げられます。周囲の人への関心が薄かったり、逆に相手との距離感がわかりづらかったりします。乳幼児期では、異常に人見知りをしない、お友達と上手に遊べないなどの特徴が見られます。

コミュニケーションの障害

二つ目の特徴として、他者との円滑なコミュニケーションが取りづらい点が挙げられます。相手と目が合うことは、赤ちゃんのコミュニケーションの萌芽と言えます。自閉症の子どもは幼少期から相手との目が合わず、また相手と目が合うことを恐れる子もいます。

限定した常同的な興味、行動及び活動

いわゆる「こだわりの強い子」です。日々のルーティンを好み、いつもとは違う状況にひどく戸惑います。パニック状態になる場合もあります。
興味の範囲が狭く、しかし興味を持ったことに対しては尋常ではないほどのエネルギーと能力を発揮します。芸能や研究の分野においては、発達障害の人の能力が生かされている場面も多くあります。

赤ちゃん時代にすでに特徴が見られる子もいる:0〜2歳の様子

ママに背中を向ける赤ちゃん

自閉症の赤ちゃんは、赤ちゃんの頃からその特徴が現れる子もいます。年齢別の発達所見を挙げてみました。

ただし、赤ちゃんの頃の発達の個人差は、かなり大きいことを前提としておきましょう。例えば発語などは、たとえ何も問題がなくとも遅れることはよくあります。所見をチェックして引っかかったとしても、成長とともに自然に解消される場合があることを念頭に置いておきましょう。

0歳児の所見

目が合わない

生後3ヶ月頃になると、視野も随分クリアになり、人の顔や周りの物などをはっきり認識できるようになります。赤ちゃんをあやすと、目があってにっこりしあうシーンも増えていきます。
自閉症の赤ちゃんは、まず人への興味が薄い場合が多いので、なかなか目が合いません。目を見て笑い合うという、赤ちゃんと周りの大人との基本的なコミュニケーションに、課題が見えてきます。

異常に人見知りをしない

生後6ヶ月を過ぎる頃には、多くの赤ちゃんがママやパパと他の人との区別がつくようになっていきます。その結果、知らない人に抱かれると不安を感じて泣いてしまうのです。いわゆる「人見知り」ですね。
人見知りの程度には個人差が大きく、物怖じしない性格の赤ちゃんや、好奇心旺盛な赤ちゃんは、人見知りをしない傾向にあります。

自閉症の赤ちゃんも、人見知りをしない傾向にあります。しかし、自閉症の赤ちゃんの場合は、堂々としているというよりも、抱かれている人自体に関心がないのです。ママなのか他の人なのかということについてすら興味を持たないので、人見知りが起きないのだと考えられています。

赤ちゃんが人見知りしないのは性格?発達障害との関係
赤ちゃんが人見知りしないのは性格?発達障害との関係
赤ちゃんが人見知りしないのは愛情不足のせい?育て方が悪い?と不安になる必要はありません。人見知りしない理由と発達障害との関係性、実は人見知りしているかもしれない赤ちゃんの行動を解説します。

笑ったり泣いたりが明らかに少ない

上の棚の中身の興味がある赤ちゃん

月齢が進むにつれて、赤ちゃんはどんどん感情豊かになっていきます。生まれたばかりの頃は、泣くか寝るか無表情か…しかなかった赤ちゃんも、生後3ヶ月頃には立派に笑うようになり、半年を過ぎるとケラケラと大きな声で喜ぶようにまでなります。

しかし、自閉症の赤ちゃんは、笑ったり泣いたりという感情の豊かさに欠けるところがあります。小さなうちは、あまり手のかからない、大人しい赤ちゃんだったという声も聞かれます。
気になるようなら、生後半年を過ぎた頃に「いないいないばあ」をしてみましょう。だいたいの赤ちゃんは、ママの顔が見えたり隠れたりするのが楽しく、大喜びするはずです。

人の顔より、幾何学的なものを好んで見る

赤ちゃんは、人の顔をよく見る生き物です。追視ができるようになれば、ママ達の顔をよく見るようになりますし、絵本なども顔のついた絵を好んで見ていることがわかっています。
自閉症の赤ちゃんは、人の顔よりも、規則的なものや幾何学模様を好んで見ます。じっと凝視している場面もしばしば…

1歳児の所見

指差しをしない、意味を理解していない

無表情でママに視線を送る赤ちゃん

指さしというのは、簡単なようで実は難易度の高いコミュニケーションです。まず、指さしは、相手が居て初めて成り立ちます。相手の気をひき、相手に共感を求めるのですから、指さしは、赤ちゃんが他者とのコミュニケーションを始めた証なのです。

また、大人の指さしした方を見られるというのは、相手の立場に立って物事を見られるようになってきている証拠。これは赤ちゃんの心の発達として、かなり大きな進歩なのですよ。自閉症のお子さんは、この指さしがなかなかできないのが特徴です。4〜5歳になって初めてできる子もいるほど、高度な心の働きなのです。

真似っこをしない

1歳児の赤ちゃんは、真似っこが大好き。ママやパパの真似はもちろんのこと、テレビに出てくるダンスを真似てみたり、お兄ちゃんお姉ちゃんのする遊びを同じように真似してみたりと、日頃からたくさんの真似をしています。

「学ぶ」という言葉が「真似ぶ」からきているように、人間がいろいろなことを真似て覚えていきます。自閉症の赤ちゃんは、自分の世界でマイペースに生きているので、あまり真似っこ遊びをしようとしません。

クレーン現象がみられる

わんこに見つめられる赤ちゃん

人の手を掴んでクレーンのように扱うのも、自閉症のお子さんの大きな特徴です。指さしや言葉の代わりに、パパやママの手を掴んで物を取らせようとします。

偏食が異常に多い

自閉症のお子さんの中には、感覚過敏の子がいます。そう言った子は、食べ物の好き嫌いが激しく、偏食です。しかし、この年齢の子どもは、だいたいの子が偏食の傾向にあります。自我の芽生えなのか、感覚過敏による偏食なのか、この段階ではほとんど分かりません。単に、神経質な性格のお子さんなのかもしれません。

一般的に偏食は、徐々になくすように努力するものですが、あまりにも偏食がひどい場合は、親としても栄養面が気になりますし、親子共に食事の時間が憂鬱なものになります。

寝ない

自閉症の症状の一つに、睡眠障害があります。赤ちゃんは1歳くらいから、徐々に寝るのがうまくなっていくものですが、睡眠障害のせいで、月齢が進んでも眠るのが下手だと言います。

2歳児の所見

言葉の発達が遅れている・喃語が出ない

グラウンドをてくてく歩く赤ちゃん

遅くても2歳を過ぎれば、徐々に言葉が出てくるようになります。発達障害に限りませんが、何か障害や病気などの問題がある場合、発話の遅れに現れやすいとされています。
しかし、言葉の発達は本当に個人差が大きい項目でもありますから、個人の性格や周囲の環境によってなかなか言葉が出ない場合もあります。

発話が大幅に遅れているときには、自治体の保健師さんに相談を持ちかけてみると、親身になって相談に乗ってくれます。

クーイング・赤ちゃんがはじめて出す声と言葉の発達
クーイング・赤ちゃんがはじめて出す声と言葉の発達
クーイングという言葉を聞いたけどどんなものなのか詳しく知りたい方やクーイングが遅くて悩んでいるという方のために、喃語との違いやクーイングが遅い理由、言葉を発達させるための遊びなどをご紹介します。

同じ遊びばかり繰り返している

こだわりが強いので、同じ遊びをひたすら続ける傾向にあります。ただし、これも幼児期の遊びの特徴の一つとも言えるので、これだけでははっきりとは断言できません。

ルーティンでないことを嫌う

ママごとセットのトマトをスライスしようとする赤ちゃん

夕ご飯を食べて、お風呂に入って、少し遊んだ後お片づけをして、寝床にいく。このルーティンの順番が狂うと、パニックになったり、落ち着きがなくなったりします。
また、例えばお風呂に入る行為の中でも、彼らの中の順序は決まっているようで、体を洗ってから頭を洗う、頭を洗ったらこのおもちゃを片付ける…など、細かい手順を得意気げにこなします。

ルーティンに沿って生活させてあげれば、非常に落ち着いて、率先して生活することができます。
しかしこの部分に関しても、小さい子は程度の差こそあれども、そういう部分があります。

同年代とのコミュニケーションに違和感

同じ空間で遊んでいると、まだ一緒に楽しく遊ぶことはできないながらも、他の子を意識したり、真似をしてみたり、その子が持っているおもちゃを欲しがったりと、自分以外の他人を意識した行動が見られるようになっていきます。
自閉症の赤ちゃんは、他人への関心が薄く、離れて遊んでいたり、他の子の遊んでいることに関心を示さなかったりします。

診断後の早期療育がその後の鍵:自閉症の療育について

運転席が嬉しくて笑顔になる赤ちゃん

障害は、幼少期の早期発見と早期の療育が鍵となることが知られていますが、発達障害もそれは同じです。
4〜5歳で幼稚園に行くようになってから発見し、その時点から療育を始めるよりも、2〜3歳から療育を始めた方が、効果はより高くなります。

自閉症の原因やデータ

自閉症の原因

これだと断言できるような原因は、未だ解明されていません。生まれつきの脳の一部分が傷ついているのでは?という説や、脳の神経同士の情報交換がうまくやり取りされないからでは?といった説が出ていますが、原因ははっきりとはわかっていないのです。

しかし、医学的にも断言できるのは、自閉症が親の育て方のせいではないということです。自閉症は、親のせいでも、本人のせいでもなく、生まれ持った機能障害なのです。

発症率は1,000人に1〜2人

1,000人に1〜2人の割合で見られます。軽度を含めると、100人に一人くらい、小学校であれば学年に1人くらいはいる計算です。女性よりも男性に多く、男性は女性に比べて4倍の発症率があるようです。程度は生活に少し困難がある程度の軽度から、積極的介入が必要な重度まで、その人それぞれです。

知的障害との関連性

自閉症のお子さんの約50%以上に、知的障害を伴っていると言われています。知的障害を伴わない自閉症のことを一般に「アスペルガー症候群」や「高機能自閉症」と呼ぶこともあります。この場合は、言葉の遅れがみられない傾向にあります。

自閉症は個性?障害?

高い所に登る弟を心配そうに見つめる姉

誰にでも性格に個性があるように、脳にも個性があります。「走る」を例にとってみても、かなり早く走れる人から、マラソン大会では毎回ビリだという人まで様々です。
ここで、それを自閉症に当てはめて考えてみましょう。
自閉症の人が苦手なコミュニケーション。自閉症でない人の中にも、コミュニケーションに長けた人から、人と話すと緊張して話せなくなる人までいろいろですよね。

おそらく、コミュニケーション能力という物差しに当てはめてみるならば、自閉症の人はかなり苦手とするところかもしれません。
では、その物差しの、どこからが障害というのでしょうか?何が健常と障害の間をわけるのでしょうか?

最近は、障害も個性の一つだと捉える見方が強くなってきました。我が子が障害児だとわかったとき、それをずっと障害だとレッテルを貼って育てていく親御さんはいらっしゃるでしょうか?おそらく、育てていくうちに、それはよくも悪くも個性として受け入れていくはずです。

自閉症も、対人スキルに問題はありますが、それも一つの脳の個性かもしれないのです。

赤ちゃんの性格、遺伝や環境の影響は?親の関わり4タイプ
赤ちゃんの性格、遺伝や環境の影響は?親の関わり4タイプ
赤ちゃんの性格、遺伝や環境はどのように影響していくのでしょうか?よく笑う子、泣く子、扱いやすい子・扱い難い子、出だしの遅い子など赤ちゃんの気質と、性格に大きな影響を及ぼす親の関り方を紹介します。

なぜ早期療育に効果が期待できるのか

赤ちゃんに高い高いをしてあやすママ

ある研究調査によれば、1歳半から3歳までの早期の介入により、自閉症児の言語発達や社会性、適応力などに改善や成長が見られることがわかってきています。

しかし、1歳半から3歳といえば、まだまだ発達の個人差が大きく、またきちんと会話もできない段階ですので、はっきりとした診断や判断は難しいところはあります。
判断が難しいとはいえども、専門の機関で療育を視野にいれながら支援していくことも可能ですので、「あれ?」がいくつか出てきたら、まずは医療機関などに相談してみるべきでしょう。

療育とは

発達障害などの障害を持つ子どもに対して、生活のしにくさを減らし、自立を進めるために、医療面や教育面から様々なトレーニングを行っていくこと。

どれくらい期待できるか

個人差がありますので、どれくらい期待できるかという明確な指標はありません。しかし、療育の効果が全くないということはありません。

その子その子に合ったコミュニケーショントレーニングや、ソーシャルスキルトレーニングをすることで、お友達との付き合いかたや、距離の取り方を学んでいきます。
自閉症は、他人とのコミュニケーションに大きなハードルがある障害ですので、他者との関わりを学ぶことで、生きにくさを緩和できる可能性は十分にあります。

自閉症?と気になったときの相談先

発達障害の疑いがある赤ちゃんのためのカウンセラー

相談先は何も専門機関だけではありません。気になる所見が多くて悩んでいる方は、まず相談しやすいところに問い合わせてみてください。

かかりつけ小児科

かかりつけの小児科は、頼れる存在です。小児科医は、子どもの身体についてのエキスパートですので、病気や怪我だけではなく、発達に関しても長けています。
日々の診察の中で、少し気になることがあれば指摘してくれるでしょうし、こちらも気になることは気軽に聞いてみると良いと思います。
もし小児科医の所見があった場合、そこから大きな病院に紹介してもらえます。

赤ちゃんの定期健診

定期健診は、発達の状況をしっかりと観察するところです。小児科で聞きにくいようであれば、定期健診の方が、質問しやすいかもしれません。
問診票の質問欄に書いておくと、後でお医者さんや保健師さんに対応してもらえます。

自治体の子ども課

自治体の子ども課には、必ず保健師さんがいらっしゃいます。保健師さんは診断などを下せませんが、専門機関との橋渡しをしてくれ、その自治体でどういった支援があるのかを詳しく教えてくれます。
どこへ行けばわからないときには、地域に相談してみましょう。

療育機関

療育機関や発達障害者支援センターなどに直接問い合わせる方法もあります。療育機関には、公的なものから民間のものまであり、NPOや一般社団法人など様々な団体が設立しています。

定型発達か自閉症なのかはまだまだわかりづらい時期

自閉症は、3歳頃から診断しやすくなると言われています。その時期までは、発達の個人差の範囲かどうかわかりづらいからです。

早くに診断ができるかどうかは、その子の状態によって変わってくるようですが、もし診断が下りた場合、親御さんは診断名に嘆くより、これからその子のためにできることを考える方が大切です。
一般のお子さんよりは、もしかすると大変なことが多いかもしれません。ですが、近年の発達支援は目覚ましく発展してきています。多くの人の手を借りながら、その子にとっての最善の策を考えていけると良いでしょう。