Loading

7ヶ月の赤ちゃんの発達とお世話

7ヶ月の赤ちゃんの発育・心身の成長とおすすめの遊び

7ヶ月の赤ちゃん、ずりばいやハイハイを始める子も出てきて、成長が楽しみになってくる頃。発達を促す関わり方をしたい!というママへ、おすすめの遊び方やおもちゃ、絵本の紹介や、離乳食の進め方などについて解説します。夜泣きや病気などのお悩みについてもこの記事で説明しています。

7ヶ月の赤ちゃんの発育・心身の成長とおすすめの遊び

7ヶ月の赤ちゃんの様子

生後7ケ月の赤ちゃんは、ずりばいやハイハイができるようになり、部屋の中を自由自在に動き始めます。またおすわりが完成し、赤ちゃんは自分でうつぶせからおすわりの状態をとることができるようになります。
運動量が増えることで少し体重が落ちる子もいますが、まだまだ体つきは赤ちゃんらしく丸みをおびています。

裸で部屋を徘徊するハイハイが得意な赤ちゃん

運動量が増え、体重が増えない・減る子も

平成22年度に実施された、厚生労働省の乳幼児身体発育調査による体重・身長の値は次の通りです。

男の子

体重:6.73kg~9.87kg
身長:65.0cm~73.6cm

女の子

体重:6.32kg~9.37kg
身長:63.1cm~71.9cm

生後6ヶ月と同様、身長・体重は緩やかに増加します。全く増えない月があったり、少し減ってしまったりしても心配はいりません。体重が減り続けるようなことがあれば受診が必要ですが、この頃は運動量も増え、なかなか体重が増えにくい時期です。

離れていてもママの顔はちゃんと見えています

この頃の視力はまだ0.1前後と言われていますが、赤ちゃんによっては少し離れていてもママの表情がわかるなど、視力の発達にも個人差が出てきている時期です。

赤ちゃんの視力は、ものを見ようとすることで発達していくので、遠くの景色を見せてあげるなどのお散歩コースも時にはとりいれてあげましょう。

赤ちゃんの視力はいつから見える?新生児の視力の発達
赤ちゃんの視力はいつから見える?新生児の視力の発達
赤ちゃんの視力の発達や成長を紹介。新生児の赤ちゃんの見え方やいつから見えていつまで成長するのか、月齢ごとに赤ちゃんの行動に併せて見ていきましょう。またテレビやスマートフォンなどの機器が及ぼす赤ちゃんへの影響も解説します。

ずりばいやハイハイで部屋中を移動

下半身の筋力がついてきて、ずりばいやハイハイを始める子も出てきます。昨日まで動かなかったからといって安心していると、突然予想外の場所に移動していることもあるので、注意が必要です。

赤ちゃんのスペースに危険なものはないか、洋服は動きやすいものか、ひざはしっかり保護されているかを今一度チェックしましょう。

赤ちゃんがハイハイするのはいつ?お家の安全対策&練習方法
赤ちゃんがハイハイするのはいつ?お家の安全対策&練習方法
赤ちゃんがハイハイを始める時期には個人差があるものですが、我が子がいつまでもハイハイしないと少し心配になりますね。赤ちゃんがハイハイを開始する平均時期、赤ちゃんの気持ちを応援する練習方法やお部屋の安全対策をご紹介。

うつぶせから自分でおすわりができるように!

6ヶ月の頃はまだおすわりのときに手をついてしまう子が多いですが、7ヶ月になると腰がしっかりして手をつかずにおすわりすることができるようになります。

また、うつぶせの姿勢から自分でおすわりの姿勢にポジションを変えられるようになるのもこの頃です。そうなるとおすわりが非常に安定し、おすわりの姿勢から前や後ろに倒れづらくなります。
赤ちゃんも、自分ですわることができて嬉しそうな表情を見せてくれるでしょう。

人見知りが激しくなる

6ヶ月頃から見られる「人見知り」ですが、徐々に激しくなってきます。これは、赤ちゃん自身が「安心できる、いつも見慣れている人」と「そうでない人」の区別ができている証

人見知りに加えて、場所見知りをする子も出てきます。家では活発なのに、実家や児童館、子育て支援センターなどでは急にちぢこまってしまう場合もあります。

赤ちゃんのパパ見知り対策は?パパ大好き♪に育てる方法
赤ちゃんのパパ見知り対策は?パパ大好き♪に育てる方法
赤ちゃんがパパ見知りを始めて、お風呂や抱っこを嫌がってギャン泣きされるというパパ、「パパ見知りは、いつからいつまで続くのだろう」と不安をお持ちの方へ、原因と対策をご紹介します。

人見知りは時間が解決してくれるので、無理をする必要はありませんが、泣いてしまっても大丈夫な場所で、他の人と少しずつ触れ合う機会を持ってみてもいいかもしれません。

7ヶ月の赤ちゃんの成長まとめ

・運動量が増え、体重が増えない又は体重が減る。
・おすわりが完成
・ずりばいやハイハイをはじめる
・自力でうつぶせからおすわりの姿勢になれる
・人見知り・場所見知りが激しくなる

起床・就寝・食事の生活リズムが整ってくる

7ヶ月にもなるとほとんど赤ちゃんは起床時間・就寝時間がほぼ一定になってきて生活リズムが整います。離乳食が順調な子は、食事のリズムも生まれてくるでしょう。
しかし、夜泣きはママがどんなに頑張ってもまだ治らない子もいます。夜泣きの原因は医学的にもはっきりしておらず、どうしてもダメな時は気持を切り替えて、夜に一緒に遊んであげるというのも1つの方法ではあります。

頭に泡を乗せた陽気な赤ちゃん

離乳食から摂る栄養が増えるが、食後には母乳やミルクを与える

7ヶ月になると、徐々に離乳食から栄養をとる割合が高くなってきます。離乳食から全体の栄養の3040パーセントを摂るので、授乳はその分減らしてもかまいません。
母乳は欲しがるだけ与えてもよいですが、ミルクは1日5回程度にしましょう。

洗顔、着替えなど朝の身支度を習慣にする

生活リズムが整わない場合は、ママの生活習慣も見直してみてください。赤ちゃんが寝ているからと言って朝寝坊していると赤ちゃんの生活リズムも整いません。
毎朝決まった時間には起こして、オムツを替えをし、顔を拭いたり、着替えさせたりしてさっぱりさせてあげましょう。

どうしてもダメなときは、昼間に一緒に眠ろう

7ヶ月の赤ちゃんはまだ夜泣きが落ち着かない子もいます。何ヶ月も夜泣きが続くとママもへとへとですよね。夜泣きは原因がはっきりとわからないのがつらいところで、赤ちゃんによって夜泣きがおさまる方法はさまざま。先輩ママのアイデアを参考に、色々と試してみましょう。

夜泣きの時期はいつからいつまで?赤ちゃんの睡眠の特徴
夜泣きの時期はいつからいつまで?赤ちゃんの睡眠の特徴
夜泣きの時期や期間、赤ちゃんの睡眠の特徴を紹介!「夜泣き」と一言にいっても、赤ちゃんの睡眠は月齢によって大きな違いがあるので、夜泣きの時期によって対処法も様々。夜泣きを終わらせるヒントがここにある!?

赤ちゃんの夜泣き対処法

・添い乳をする。
・おしゃぶりをしゃぶらせる。
・厚着をさせない。
・おなかをゆっくりさすってあげる。
・アロマを炊く。
・諦めて夜は付き合い、昼に赤ちゃんと一緒にたっぷり昼寝をする。

離乳食は栄養バランスを考えたメニューを用意

離乳食から栄養の30~40%の栄養を摂るようになりました。単品だけでなく、2種類以上の食材を混ぜ合わせるなどして、簡単な料理を作ってあげましょう。ダシや野菜スープを冷凍しておくと、味付けにも便利です。

口の周りに離乳食をつけた食べ盛りの赤ちゃん

2回食の時間帯と1食分の目安量

7ヶ月の時の離乳食は2回食が基本です。9ヶ月で3回食に持っていけることが理想的なので、そこにつなげることを意識した時間帯にしてもよいでしょう。

1回食と2回食の間は3~4時間空けるようにしましょう。
例えば以下のような食べさせ方があります。

午前中から昼の機嫌がよいときによく食べる赤ちゃん

10時・14時にあげる。徐々にそれぞれの時間を早めていって、3回食の時には8時・12時・18時といった時間帯にする。

お腹がすいているとよく食べる赤ちゃん

10時・18時にあげる。3回食の時には朝ご飯を少し早め、間に1回、食べそうなときに昼食をプラス。

1食分の量の目安

・炭水化物:7倍粥を大さじ3~5
・野菜または果物:大さじ1~2
・たんぱく質:肉か魚小さじ2~3または、豆腐大さじ2~3または、卵1/3または、乳製品大さじ3~4

離乳食を食べなくても心配はいらない

離乳食が進まないのはおっぱいが大好きすぎる母乳の赤ちゃんに比較的多いようです。おっぱいが一番、楽ちんでおいしい食事だと考えているのかもしれません。

周りの赤ちゃんが離乳食をパクパク食べているのを見聞きして不安になるかもしれませんが、いつかはみんなちゃんとご飯を食べるようになりますので、長い目で見守ってあげましょう。ママがイライラしているのが伝わると、赤ちゃんはご飯の時間そのものが嫌いになってしまいます。

母乳やミルクには充分な栄養があり、まだまだ赤ちゃんは授乳からほとんどの栄養をとっています。母乳やミルクからとりづらい栄養素は「鉄分」ですが、赤ちゃんは生まれた時にママからもらった鉄分を身体に貯めています。
9ヶ月頃までは離乳食を全く食べなくても、「栄養不足」や「貧血」になることはまずありません。

出典:www.youtube.com

7ヶ月の赤ちゃんにおすすめ離乳食レシピ

7ヶ月の赤ちゃんは、野菜や魚をみじん切りで与えますが、ただみじん切りを与えるだけでは赤ちゃんにとっては少し食べづらいのです。
みじん切りは噛んでいると口の中でばらけてしまい、飲み込みにくく、むせる原因にもなってしまいます。

そこで、赤ちゃんでもみじん切りの食材が食べやすいよう、野菜や魚は「あんかけ」や、おかゆなどに混ぜて与えてあげるのがおすすめです。つるつると食べやすく、赤ちゃんの食も進みますよ。

お野菜の出汁あんかけ

ニンジンやかぼちゃなどの野菜を柔らかくゆでてみじん切りに。鰹節と昆布からとったおだしに、片栗粉でとろみをつけて野菜にかけます。

野菜卵ミックス

卵1/3は粉ミルクで伸ばし、ごく少量のオリーブオイルでスクランブルエッグに。(火はよく通してください)柔らかく茹でてみじん切りにした小松菜と和え、おだしにとろみをつけたあんをかけます。

フルーツヨーグルト

みじんぎりにしたバナナと、無糖プレーンヨーグルトを和えます。便秘がひどい場合はオリゴ糖をプラスするのも良いでしょう。

ずりばい・ハイハイなど体を動かす遊びが大好き

ずりばいやハイハイができるようになった赤ちゃんは、動くのが大好き。「おいで!」「こっちだよ!」とママやパパも赤ちゃんにどんどん呼びかけてあげましょう。赤ちゃんは嬉しそうにママやパパのもとへ進んでくるので、いっぱい褒めてあげてくださいね。

不敵な笑みでママを見つめる生後7ヶ月の赤ちゃん

絵本の読み聞かせを入眠の儀式にする

絵本の読み聞かせは寝る前に行うのがおすすめです。
仕事から帰ってきたパパと、ダイナミックな遊びを楽しませてあげたくもなりますが、夜に興奮しすぎると寝つきが悪くなったり、夜中に目覚めてしまう原因にもなります。
昼間は活発に遊び、夜は静かに過ごし、自然と眠くなるように導いてあげましょう。


おつきさま こんばんはの画像
出典:www.fukuinkan.co.jp

おつきさま こんばんは

価格 : 800円(税別)

こちらの絵本は、初めから終わりまで夜の暗い色で描かれ、赤ちゃんの目を引くようなコントラストはありませんが落ち着いた気持ちで読み聞かせすることができます。

言葉もテンポよく優しいリズムで綴られており、この頃の赤ちゃんに読み聞かせがしやすい内容です。表紙と裏表紙に大きく描かれた「おつきさま」の顔にも赤ちゃんは喜びますよ。

赤ちゃんに読み聞かせたい知育にも良い絵本アプリ8選
赤ちゃんに読み聞かせたい知育にも良い絵本アプリ8選
赤ちゃんに読み聞かせたい絵本アプリを紹介します。ナレーション機能や英語読み上げ機能など高機能なデジタル絵本をiphoneとアンドロイド共通で使える無料アプリのみ厳選しました。

こっちだよ!おいで!とママは赤ちゃんを呼んであげよう

そろそろずりばいやハイハイを始める赤ちゃんが多いので、それを促す遊びをしてあげましょう
赤ちゃんが興味のあるものを、手の届きそうで届かない場所に置いたり、ママが「こっちだよ~」と呼んであげるのも良いでしょう。

また、「どうぞ」と「ちょうだい」ができるようになる子も出てきます。おもちゃを赤ちゃんに手渡してあげるときは、意識して「どうぞ」と声をかけてあげましょう。

ずりばいやハイハイを促してくれるおもちゃ

赤ちゃんのずりばい・ハイハイを促すのにおすすめのおもちゃがこちらです。


はじめて英語 ミッキーマウス いっしょにおいでよ!の画像
出典:takaratomymall.jp

はじめて英語 ミッキーマウス いっしょにおいでよ!

価格 : 3,240円

こちらは、ミッキーが「おいでおいで~」「一緒にハイハイしよう」と言いながら部屋中をぐるぐる回るおもちゃです。曲もたくさん収録されていて、その曲は「Disney World of English(DWE)」という英語教材で使用されているオリジナルの英語ソングです。
Disney World of Englishに興味があるママには特におすすめです。

UVカットの洋服で紫外線予防

7ヶ月頃は、お天気が良い日はなるべく外に散歩に連れて行ってあげましょう。1回30分程度が目安です。この頃は、帽子を嫌がる赤ちゃんもいるので、紫外線予防のためには日焼け止めや日傘を活用しましょう。

UVカットの効果がある洋服やポンチョもおすすめです。


しろくまさんマントの画像
出典:www.babygoose.jp

しろくまさんマント

価格 : 4,644円(税込)

このマントはどんな服装の上にもさっとかぶせるだけで着せられ、高いUVカット効果があります。マントなので長い間サイズアウトせず使えますよ。児童館やショッピングセンターなどで、少し空調が寒いと感じた時にも羽織れて便利です。

外出の機会も増え、感染症にかかりやすい時期

6ヶ月以降はママからもらった免疫が切れているので感染症にかかりやすくなります。
しかし、赤ちゃんがハイハイやおすわりができるようになったことで、7ヶ月頃は児童館や子育て支援センターなどで遊ぶことも増えてきているかもしれません。そういった場所で遊ぶことは赤ちゃんにとって大切ですが、同時に感染症にかかるリスクも高くなるので注意しましょう。

外出時はお気に入りの帽子をかぶる笑顔の赤ちゃん

2015年に大流行した手足口病

ずりばいやハイハイを始めて、色々なところに触るようになると心配なのが手足口病です。飛沫感染、接触感染、糞口感染で、主に夏に流行します。
2015年に過去最高レベルの流行を記録し、感染者の半数が2歳以下の乳幼児、9割が5歳以下の幼児といわれています。

手足口病は、その名のとおり手、足、口に細かい発疹が現れます。手足口病はそこまで怖い感染症ではなく、ほとんどの場合、数日間のうちに症状はおさまります。
しかし、口の中に水泡ができると赤ちゃんは痛みで水分や食事をとるのが困難になりますので、症状にあった薬を処方してもらいましょう。

激しい咳には注意が必要

ママからもらった免疫が切れたころにかかりやすくなる呼吸器の病気の一つに「上気道炎」があります。のどの奥がウイルスにより炎症を起こし、のどの痛みや激しい咳が出ます。

のどが痛くなるのでものが飲み込みづらく、食欲がなくなることがあります。のどごしのよい、冷たくてつるつるしたゼリーやスープなどを飲ませてあげましょう。りんごのすりおろしもビタミンCが豊富でおすすめです。

赤ちゃんにとって咳をすることは非常に体力を使います。水分がとれない、夜も眠れないような激しい咳の場合は、気管支炎や肺炎になり、症状が悪化してしまうことがあります。早めに受診しましょう。

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんの風邪は珍しいことではないけれど、どの程度なら病院に行くべきか、お風呂はどうするか、薬は飲んだほうがよいか、きょうだいにうつらないか…など心配や疑問がつきものですよね。

発熱・嘔吐・下痢の症状があったら急性胃腸炎の可能性

この頃の赤ちゃんが、風邪以外で発熱する病気の一つに「急性胃腸炎」があります。この病気も、ママからの免疫が切れるとかかりやすくなるものです。

ウイルスや細菌が胃腸に感染すると、嘔吐・下痢・発熱といった症状が出ます。ロタウイルスに感染すると、うんちが黄色がかった白い色になります。

下痢が何度も出ると脱水症状を起こしてしまう可能性もあるので、発熱と同時に嘔吐や下痢といった症状があれば早めに受診しましょう。ウイルス性の胃腸炎には特効薬はありませんが、細菌性の胃腸炎には抗菌薬が処方されます。

おうちでは水分補給を頻繁にし、脱水症状にならないように注意しましょう

ずりばいやハイハイが便秘解消に役立つ

固形物を食べる量が増えてきて、便秘がちになってくる赤ちゃんも多くいる一方で、ずりばいやハイハイで腹筋が鍛えられると、便秘が治ってくる赤ちゃんも。

そこで、食べ物と運動で赤ちゃんの便秘を解消してあげましょう。
食べ物は、この頃になるとドライフルーツも与えられるようになるので、大人の便秘にも良いプルーンがおすすめです。皮は消化に悪いので取り除き、中の身を充分すりつぶしてヨーグルトなどに混ぜて与えましょう。

赤ちゃんの便秘の原因は?月齢別原因&家庭での便秘対策
赤ちゃんの便秘の原因は?月齢別原因&家庭での便秘対策
赤ちゃんの便秘の原因を月齢別にチェックしていくとより効果的な赤ちゃんの便秘対処法や解消法が分かります!赤ちゃんの便秘の原因と病院受診の目安やママが知っておきたい便秘のケアについて解説していきます。

オリゴ糖の摂取もおすすめです。ヨーグルトや、コーン缶のすりつぶしなどに混ぜて与えましょう。市販のオリゴ糖の中には、ほとんどが砂糖でできているものも多くあります。よく成分を確認して購入しましょう。

病院受診は、以下を目安にしましょう。

赤ちゃんの便秘での病院受診の目安

・1週間程度うんちが出ない
・1週間たっていなくても機嫌が悪い、食欲がない
・おむつに血がついている、うんちがいつもコロコロと硬い
・何度も1週間以上の便秘になる

部屋中を移動する赤ちゃんのために掃除はこまめに

鼻水は、細菌やウイルスへの感染か、アレルギー物質に反応していることが考えられます。他に風邪のような症状がなければ、花粉やハウスダストに反応している可能性もあります。

部屋をきれいに掃除し、換気や空気清浄機の使用でアレルギー物質を取り除きましょう。花粉が気になる時期には洗濯物は部屋干しがよいでしょう。

赤ちゃんのおもちゃ管理・清潔に保つお手入れ&消毒方法
赤ちゃんのおもちゃ管理・清潔に保つお手入れ&消毒方法
赤ちゃんのおもちゃを清潔に保つお手入れ方法や消毒の頻度、お手入れがしやすいおもちゃを紹介。何でも口に入れてしまう赤ちゃん…ダメ!とおもちゃを取り上げてしまう前に清潔に保ち安心して遊ばせてあげましょう!

他に咳や熱などの症状がなければおうちで様子をみましょう。

いつまでも治らない湿疹は1度皮膚科の受診が賢明

7ヶ月の赤ちゃんはまだまだ乾燥肌が続きます。自分では皮脂を出すことができず、皮膚のバリア機能が大人に比べてとっても弱い状態です。

湿疹はほうっておくと、アレルギー物質が入り込みアトピー性皮膚炎に繋がってしまう可能性もあります。湿疹がなかなか治らないようであれば、一度ステロイド軟膏ですっきり治してしまうほうがよいでしょう。

流行時期にはインフルエンザの予防接種をしよう

生後5~6ヶ月の時に、BCG・ヒブ・四種混合・肺炎球菌・B型肝炎のいずれかを受けられなかった場合は、7ヶ月の時に受けることになります。特に、BCGは7ヶ月までに接種することが標準的なので注意しましょう。

オシャレな髪型にセットしてもらった女の子

7ヶ月は、インフルエンザの予防接種も受けることができます。1歳未満ではあまり効果が見られないと接種を推奨しない先生もいらっしゃいますが、感染した時の症状が軽く済むので受けたほうが良いでしょう。
インフルエンザの流行期である10月から12月の間に、2週間から4週間空けて2回接種します。流行の時期になる前に2回の接種を終えることができるよう早めに準備しましょう。
インフルエンザを家庭に持ち込まないためには、ママやパパ、兄弟など、家族みんなで受けることをおすすめします。

大人より1枚少な目で膝が痛くならない服を着せよう

ずりばいやハイハイを始めた赤ちゃんのために、動きやすく膝が痛くならない服を着せてあげましょう。そろそろ80サイズの服に切り替えてもいいでしょう。

病気にも負けずに元気に吠える赤ちゃん

まだズボンが大きめかもしれないので、スキニータイプのズボンがおすすめです。スキニータイプであれば、裾がもたつかず折り返さなくても足首のところで止まるので、つかまり立ちをするようになっても裾を踏んづけずにすみます。

ママが自分でハイハイをしてみるとわかりますが、ハイハイはけっこう疲れて暑くなります。赤ちゃんの服装は、室内では大人が着るより1枚少な目を目安にしましょう。
夏場に半袖半ズボンで膝が出てしまう場合は、フローリングでハイハイするときは膝の保護のためレッグウォーマーを活用しても良いでしょう。

1人遊びが上手になりますが、積極的なコミュニケーションを

ずりばいやハイハイを始めた赤ちゃんが、初めて自分の意思で目的に向かって行動をしている姿はとっても可愛らしく愛おしいですよね。おもちゃの遊び方も様々なバリエーションが出てきて、見ていて飽きません。

7ヶ月頃の赤ちゃんは長い時間機嫌よく一人遊びができてしまうことも多く、その間ママは放っておきがちになってしまうこともあるかもしれませんが、機嫌がいい時こそコミュニケーションのとり時。
一人遊びの時間ももちろん必要ですが、赤ちゃんが遊んでいる様子を観察しながら、赤ちゃんの気持ちを代弁するような語り掛けをしてあげましょう。
今しかできないコミュニケーションを、たくさん楽しんでくださいね。